ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

ゆとり男とミニマリストの融合ブログ

ゆとり世代のミニマリスト。ミニマリストネタを基本につぶやく雑記ブログです。

最近、気分の浮き沈みが激しくて情緒不安定な件について

f:id:fukai19930806347:20170713111156p:plain

どうもたんたんです。

毎日ブログを更新していて楽しく生きている僕なのですけど、結構気持ちの浮き沈みが激しい人でもあります。

 

基本的に仕事に対してのことなんですけど、朝起きたら仕事に行きたくなさすぎて発狂したくなったり、いざ仕事を始めてもイライラが収まらずに感情のコントロールができなくなってしまうことがあります。

 

こういう性質って現状に不満があるというところから来ていると思うのですけど、ある程度の原因が分かっているけど。上手な対策が打てなくて同じことを繰り返してしまうことが多いよな気がします。

 

今この記事を書いている最中も仕事前で仕事に行きたくないとか好きじゃない人に会いたくないとかそういった思いが心のなかで渦巻いて「今日は仕事休もうかな」って思っているぐらいです。

 

介護という仕事は好きなんですけど、システムがゴミなので好きなはずの仕事が苦痛に感じたり、僕と似た感情を持っていて精神崩壊を起こした人が結構いて異世界にいるようなきがする。

 

現実なんだけど現実社会から隔離されていて同じ人間が生きている場所とは思えなくなるときも多い。

 

僕はブログでは偉そうに主張しているところはあるけど、現実ではそんな大したことはない。たまに主張して周りを驚かせる事はある。考えていることがなかなか行動に結びつかないのは僕の悪いところじゃないかと最近思い始めてきた。

 

もっと自分を主張して自分がなって欲しい世界を構築していくべきなんだろうけでお、実際に仕事に行くと自分を押し殺してしまう。嫌いな人はできるだけ遠ざけようとしているけど多分「お前嫌いだから、そんなに関わらないで」って口に言って自分の好き嫌いを明言したほうが生きやすいのではないかということも知っている。

 

でもそれをなかなか行動に出来ない自分の弱さというか、一貫性のなさが嫌いになってしまうことがある。自分という存在が大事であることは第一前提ではあるが「他人に少しはいい思いを持ってもらいたい」という思いが完全に断捨離で来ていないためこんなに苦しいかもしれない。

 

僕は仕事は人間関係にあるのではないかと思っている。もっと詳しく書くと嫌いな人と当たらない運とそれを避ける行動を持って動いていくことが大事だ。

 

人間好き嫌いなんて人それぞれだし、僕みたいにそれをハッキリ主張しないのは損だなと思う。もっと好きなことを好き、嫌いなことを嫌いって声を大にして言えるようになりたいという思いがある。

 

人の都合なんて気にせずに主張する強さがこれから生きていく上でも僕の課題になってくことは間違いない。実際にブログを初めて、本屋色んな人の記事をたくさん読んできて以前以上に思考が深まった。

 

それをネットだけでなく現実に反映していかなければならない。田舎という超閉鎖空間の勘違い集団のなかで自分をいかに守っていけるかの勝負なってくると思います。

 

まぁこんなことまで考えて働くのってただ消耗しているだけなんですけど、介護で現場勤務が長くなっても大した昇給もないし、昔ながらの村社会がそこにはあるし、居心地も良くない。まぁ僕がこの世界に入って長くないのと普通に生きているより多くの情報に触れているのでおかしいと思うのですが、やっぱり普通にこの業界はおかしいと思います。

 

今朝Twitterで安易に介護職を勧めている人を見て「この人正気か??」思ってしまった。介護を一度経験した人はなかなか紹介できない。メリットは女の子が多いことぐらいだと思う。時間の融通がきくこともあるけど、代わりが効きづらい日本企業の悪い部分が露呈している。

 

 

という風に記事を書いていたら時間が来たので仕事に行って消耗してきます。今日は自分を主張できるようにしたいなと思います。

 

たまには病み記事も許してください