ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

ゆとり男とミニマリストの融合ブログ

ゆとり世代のミニマリスト。ミニマリストネタを基本につぶやく雑記ブログです。

ミニマリストの登場は幸せの多様化によるもの。自分のやりたいことを追求できる時代が到来した

どうもたんたん(@tantan4423)です。

今って少子高齢化なくせに給料が上がらないし老後に年金制度が残っているかわからない良い時代ではないってよく言われていますけど、最近僕は本当かなって思ったりします。

 

確かに自分が今勤めている会社だって定年まで勤められるか分からないし、社会保障だって充実しているわけではないですけど、その一方で幸せが多様化してきて面白いんじゃないかと思っています。

 

以前に自己責任は悪いことばっかりじゃないみたいな記事を書いたように将来どうなるかは自分の行動次第だけどそのぶん自由に動き回れる時代にあってきたのかなって思っています。

 

 

www.tantandaisuki.com

 

固定化された幸せなんて存在しない

「幸せの概念」の画像検索結果 

僕のミニマリストとしての生き方なんて今では多少は受け入れられていたけど昔なら確実に嘲笑の的になっていました。昔はいい大学に出ていい会社に言って、結婚してマイホームを買うみたいな生き方が一番幸せな生き方だと思われていた。

 

ちなみにこの中でマイホームと結婚は手に入れた人間でめっちゃ幸せなんだけど、別に結婚していない人が幸せじゃないとか家がない人は幸せじゃないなんてこれっぽっちも思っていない。

 

逆に人によっては結婚したことによって動きが減って幸せ度が下がってしまう人だっているようなきがする。僕はあいにくインドアな人間だからそんなに動かなくたっていい感じだからそんなに「何もできなくなった」観みたいのはない。

 

よく「結婚は人生の墓場」みたいな言葉があるけど、まぁそれは人によるとしか言いようがないような気がする。人には向き不向きがあるからわざわざ向いていないことをするほどヒマじゃないと思う。

 

www.tantandaisuki.com

 

というように人によって幸せはそれぞれあって今の時代はテクノロジーの発達や以前変態と呼ばれていた人たちにも少しずつ人権が加わってきて以前に比べると許容されるようになったのではないでしょうか??

 

まぁ僕がいる田舎みたいなところは昔の人の価値観が強く残っている所もあるから理解されないところもあるけど、理解してくれる人とだけ関わればいいと思う。以前に比べて村や家族、会社との結びつきは圧倒的に薄くなってきて昔あった絶対的な価値観も今では絶対的ではなくなって新しい価値観が出てきてじきにトレンドになっていく。

 

そのなかで今はいろんな人生や生き方に対して寛容になっているところもあってさまざまな幸せを追求できるようになったいい時代なんじゃないかと思えてきた。

 

まぁその一方で政治や教育に関しては時代の流れに追いつけずにだんだんオワコンになっているところもあって頼れないので自分でなんとかしていくぐらいの気持ちを持ったほうがいいような気がする。 

 

自分に必要なものだけ持っていこう

 「少ない荷物」の画像検索結果

自らの幸せを実現するには自分の持つ好きなことや得意なことを伸ばしていくことが大切だと勝手に思っている。簡単に言うと弱点じゃなくて自分の長所を伸ばそうということだ。

 

仕事をしているとよくミスのないように万能型人間を育てていこうみたいな新人教育をよくみられるが、そういったマニュアル人間というか自分の思いのままに人を操りたいのならロボットと何一つ変わらない。

 

どうせ近い未来にロボットが入ってくるから人間らしい仕事と言うか情熱を持って取り組める仕事というかナリワイを持っていくことが大切な気がする。

 

弱点を補うには労力や時間を食い過ぎる。マイナスを0にする作業を時間を掛けてすることは何も意味が無いと思っている。それと同じように家事だって短い方がいい。家事をして得られることなんて無い。それならハイテクな機械を使って労力ミニマムにしていこう。

 

自分のやりたいことに集中するにはいらないもの捨てることが一番大切だ。時間は有限だから自分のしたいことにコミットした使い方がコスパいい。といっても僕もそこまで実現できていないこともあるけど、メリハリを付けて生きていくようにはしている。

 

結局モノと同様に自分に必要な体験や知識を得ることに時間を使っていけばロボットが労働市場に出ても仕事を奪われるみたいなことは発生しない。

 

ミニマリスト的な生き方ってものだけじゃなくて多くの事柄に応用できるのがいい。良い手段だから1億総ミニマリスト社会を宣言してくれたらいいのにってアホなりに考えてみました。

 

決められた幸せはないから自分で考えて行動しよう

 

 

結婚する人の割合が下がっているのも結婚以外のの幸せが多様化しているからだと思う。別に結婚していなくても自分なりの幸せを追い求めることが許されているからだ。

 

これからもっと結婚率は下がっていくだろう。ボク個人としては二人で協力することによって人生をイージーモードにできるというメリットと好きな人とずっと一緒に要られる安心感は結婚の醍醐味だと思っている。

 

まぁそれも人それぞれで楽しく生きてけるのならどういった手段や道筋があっても面白いと思う。