ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

ゆとり男とミニマリストの融合ブログ

ゆとり世代のミニマリスト。ミニマリストネタを基本につぶやく雑記ブログです。

自己発信の手段を持っていないのはリスクヘッジ出来ていない。まずはブログを始めようっていう話

「スピーカー」の画像検索結果

どうもたんたんです。

今日もいつも通りノープラン記事を書いていきたいと思います。

 

この時間に書くのは毎度のことなんですけど嫁が風呂に入っているからであり、その風呂からあがるまでの20〜30分の間にどんな記事をかけるかというタイムアタックのようなものなんですよね。

 

この記事の中では比較的今感じていることをそのまま文字にして打ち込んでいくことを意識していて記事が終わるまでどんな記事にあるかわからない感じが僕は気に入っています。

 

こういった記事の反応で「記事作成に時間がかかる」と悩んでいた人もいましたけど、これは単なる勢いだけで書いたテキトー日記というか今思っていることのメモ代わりみたいなもんだ。

 

なのでみんながいろんなことを考え検索に強くしたりキーワードを詰め込んだりするみたいな類のものではないのであまり参考にしたり記事作成時間を比べて悲観したりしないでほしいと思う。

 

たまに運が良くて多くの人にシェアされたり検索に強い記事にたまたまなってしまうこともあるけどそれは単に運が良かっただけの話だ。

 

まぁ実際に時間を決めて書きたいことを書くということを結構続けていくと普通に記事を書くときも短い時間で書けるようになったりする。

 

ようは慣れの問題なんだけど、その慣れるまでがブログは大変かもしれない。僕は基本的に毎日更新をしているので毎日更新していない人に比べて慣れるまでの時間が短かったのかもしれない。

 

まぁ基本的に考えすぎないよう意識してブログを書いているということもあるけど、できれば検索流入もほしいし、収益を上げてお小遣いをゲットしたいという欲もある。

 

まぁ今みたいなスタイルでしていても検索が伸びづらいのは分かっているけど自分の思ったことをブログというツールを通して世の中に発信するということはやっぱり楽しい。

 

今では趣味と言うか生活の一部になってしまっていてブログを書かないと死んでしまう病にかかっているので記事を書くことが快楽になっている。自己発信って楽しいし、自分にリターンとなって返ってくることがあるのでモチベーションも上がる。

 

こういった自由な感じのブログ運営と毎日更新のお陰で読者数も順調に伸びてきてもう少しで900人を突破する。目標にしていた1000人は1年以内に超えることができそうだから安心だ。

 

収益やPVは伸び悩んでいる感じはあるけどたくさん記事を書いていれば自然に検索で読まれる記事も増えてくるので長い目で見ることも大切なような気がする。

 

今のところAmazonや他のASPにチャレンジしているがこれは難しい。Amazonも書評記事を書いて本を買っていただくのが一番いいような気がする。そもそもモノやサービスをそんなに買ったりしないのでどう紹介していいか分からない。

 

本ならよく読むしKindleを上手く使っていけばミニマムな時間に書いて売ることが出来る。読書とブログの相性は本当にいいと感じる。僕が書いている表現や言葉もけっこう本に書いてあるようなものもある。

 

まぁ本を読まなくてもブログの記事を読むだけでもいいような気もする。僕より遥かにいい記事を書く人は多いし、人気ブロガーさんの書く書評は本を買わなくてもいいレベルの完成度のこともよくある。

 

今僕はアウトプットよりインプットを重点的においている。比率的に3:7か2:8ぐらいかもしれない。今は自分が気になることを調べることに時間を使って残したいものをブログに書いたりしている。

 

年をとってくるとアウトプットの比率を上げていきたいように感じる。時間が最大のインプットとちきりんさんの著書【ゆるくかんがえよう】にも書いてあったけど時間の使い方については色々考えていきたいなとも思う。

 

 

でも自己発信することの経験を早い段階でしていくことは非常に重要だと思う。自己発信の手段があれば自分の困った時に助けてくれる機会も増えるし、収益に繋げられることもある。実際にこれからはサードプレイスの構築が重要になってくると思っていてそのためにも発信力は欠かせない。

 

 

なんか勢いで書いてみたらA1理論さんみたいなスタイルになってしまった。まぁいいか。だから僕はブログをしていない人が理解できない。ブログのコスパは最強だ。金が余りかからないし、発信の手段を得ることもできるし、仲間もできる。

 

みんなブログを始めれば世の中結構平和になると思っている。

まぁそんなこと考えている変態だから現実で話が合う人が少なかったりするのだけど、そこは田舎で人が少ないからしょうがないって思ったりしている。

 

やっぱ人が少ない分、決まりきった生き方が存在していてみんな同じような趣味や考え方を持っていると個人的に感じる。リスクばっか感じて結果何もしないっている人が多すぎる。

田舎の男の人は酒、タバコ、女、ギャンブルの話ばかりで合う人がいない問題 - ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

 

また田舎叩きをすると燃え上がりそうなのでここまでにします。

要はみんなブログをして自己発信しましょう!という話でした。

これにて終わります。閲覧ありがとうございました。