ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

ゆとり男とミニマリストの融合ブログ

ゆとり世代のミニマリスト。ミニマリストネタを基本につぶやく雑記ブログです。

記事は量より質とか言われるけど、量書かないと質はついてこないよ

どうもたんたん(@tantan4423)です。

最近記事を量産している当ブログですが、書くたびに多くの方に好評を頂いているのでなんか嬉しくなっています。

 

ちなみに先日アップした記事2つはそどっちも嫁が風呂に入っている間に書いたものであり、作成時間も20分行くか行かないかぐらいなものでした。

 

www.tantandaisuki.com

www.tantandaisuki.com

 

しかし、思った以上に好評で質も以前1時間以上かけて書いた記事よりも良質だと思っています。

 

そこで今回はブログは【量より質】であると思われがちな風潮について、考えていきたいと思います。

 

まず書かないと始まらない

「パソコン」の画像検索結果

僕はブログはできるだけ多くの記事を書いたほうがいいと思っています。記事を書けば書くほど検索で拾ってもらう確率も上がるし、何より自分のスタイルを見つけることが出来るのではないでしょうか??

 

もちろん始めてからずっと質の高い記事を書き続けられるならそれはいい事で、僕もそう有りたかったのですけどなかなかそんな優秀なブロガーの卵って少ないです。

 

僕は数を書いたことによって成長したブロガーだと自負しています。

記事を書く習慣が質の高い記事を作るにあたって大切な要素ではないかとは思います。僕なんて最初は壊滅的な文章を連発していましたけど、数を書いたことによって大分マシになりました。

 

初心者とかでなかなか毎日更新できずに「ブログはなかなか稼げない」といって辞めてしまう人を結構見ていて思うのですけど、そもそも書く習慣を身に着けていないのに結果を出そうとしている事自体浅ましいような気がします。

 

検索で読まれる記事の傾向だって自分で試行錯誤を繰り返すことによって自分らしいやり方を身につけていくと思う。

 

量を書くことによって高い質に繋がる

 「質高い」の画像検索結果

たまにスーパープレイヤーが登場して、僕なんかを遥かに超える結果を出してくる人もいるけどそういう人はほんの一握りしかいない。

 

僕みたいな平凡な人間はコツコツとノウハウやスキルを積み重ねる方が良い結果になるのではないかと思う。そのためにはとにかくパソコンに向き合って記事を書くということだ。

 

以前の記事でも書いたけど、まずはブログになれるということが大切だ。ブログは続ければ続けるほど旨味が出てくる。

 

文章の質も上がり自分という味もよく出てきてこの世に一つだけのオリジナルブログの完成だ。こういった人間臭いブログが好きな人はゴロゴロいる。

 

ただ単にビジネスとしてブログをしたい人は徹底的にアフィ記事を書いて堅実に運営すればいい。ブログには色々な可能性がある。

 

仲間づくりや収益、承認欲求をブログは満たしている。

楽しく運営できればそれでいいと思う結果なんて後でついてくる。

 

初心者はとにかく書け!

「書く」の画像検索結果

初心者向けのアドバイスでよく「頑張って質が高く検索で読まれる記事を書きなさい」っているものをよく見るけど、それを初心者に求めたところですぐ実行できる人なんて少ない。

 

最初はとにかく書いて慣れることのほうが大切だ。

ブログに慣れていない人がいきなりマネタイズしたり、検索狙って書くのは大きな負担だ。僕も最初は何も気にせずに書いたいことを書いていた。

 

現在もそのスタンスは変わらないけど、ブログに慣れてきたので検索もほんの少し意識してタイトルつけたりキーワードを狙ったりということもし始めてきた。

 

SEOとかも書くことに慣れてきたらすればいい。早く結果を求めたいという気持ちも分からなくはないけど、それは後からでもいい。最初はとにかく続けることだけを考えればいい。

 

ブログを書くことに時間がかからなくなったり、負担を感じなくなったら新しい事にチャレンジするのもいい。

 

書いていればそのうち1記事ぐらいヒットするのは出てくる。僕も始めて4ヶ月まで検索の仕組みを知らなかったぐらいだ。たまたま書いたUNIQLOのレビューの記事ヒットして2日で2万PVと収益1万超えをした。

 

それから検索の勉強をして少し意識して記事を書くようになった。別にブログなんてそんな感じでいい。書いていればいろんなことが分かってくる。まずはパソコンやスマホを開いて記事を書くほうが圧倒的に大切だ。

 

 

結論:ブログを楽しめ

 

ブログを楽しむことができれば自然に記事を量産できる。

僕なんてブログを書かないと死んでしまいそうになる。

 

ここまで行くと中毒かもしれないけどそれぐらい熱中できればもうこっちのものだ。

そこは僕の勝手に尊師と言っているA1理論さんが言っているのでぜひ記事を読んでいただきたい。

okite.hatenadiary.jp

 

 

そのブログをしないと死んじゃうくらいになるくらい没頭して欲しいと思う。

とりあえず手を動かしてほしいと思う。