ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

ゆとり世代のミニマリスト。ミニマリストネタを基本につぶやく雑記ブログです。

夫が家事手伝わない問題を一気に解決する意識の持ち方とは??

どうもたんたんです。

テレビや職場の奥様方がよく話している夫の家事手伝わない問題

なぜ、夫に家事を手伝うことを求めるのでしょうか? : 男性から発信するトピ : 発言小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

発言小町とかをよく見る僕ですがこういった話題は案外根が深いものなのではないのかなって思いました。

 

今までは他人事のように聞いていたのですけど結婚して一緒に住むようになってから僕も他人事ではないと思い考えてみることにしました。

 

※男性側の考えなので参考程度にお願いします。あと僕自身は洗濯と掃除はしています。あとは細かなことも。

 

妻側が全部やりたいというとき

家事をする女性・主婦のイラスト

昔は「夫が稼ぎ、妻が家事をする」が当たり前に生活が営んできました。

しかし、時代は進み女性は社会進出して共働きが当たり前の世の中になって男性も家事を手伝うことによって妻の負担を軽くしようという動きになってきました。

 

しかし、昔の「女性は家事をするものだ」という考えが中途半端に抜けきっていない女性は「自分が全部しないといけない」という気持ちになってしまうと思います。

 

僕個人的な考えでは好きでやっているならそれでいいと思っていて、無理に男性がそれを奪いに行く必要は無いような気がします。しかし、そうじゃなく、先程書いた昔の考えが抜けなく使命感のように家事をしている女性に対しては役割分担をするべきだとお思います。

 

それで男性側が家事ができなくてもそこは辛抱強く待って、ダメなところはアドバイスしてできるようになるまで根気強く待つ必要があります。

 

そこで「もう!!私がやるわ」ってなってしまわないように自分をコントロールすることいい関わり合いなのかなって思う。その言葉をかけられてしまうと「ならお願い。だけど、あとで夫が家事しないって文句言うなよ」ってなって関係が悪化してしまいそうです。

 

何回も失敗を繰り返して成功していくものであるのでそこで待つことができれば将来的に考えて楽になります。最初が肝心とはよく言いますがまさにその通りで最初のうちに役割分担してその家事が板につくまでトライアンドエラーを繰り返してほしいと思います。

 

完璧を求めすぎない

完璧主義のイラスト

僕自身のする家事って60%の力でやっています。完璧を求めてしまうとその分ハードルも上がってしまいますし、相手にもそれを求めてしまうのであまり良くない気がします。

 

僕自体が大雑把な人間なところもありますけど、「◯◯しなくちゃいけない」という思いがあまりなく、「まぁこれくらいでいいか」という程度で家事をしています。完璧を求めすぎると家事自体にかかる時間も長くなってしまいますし、ストレスも溜まってしまいます。

 

簡単に言うと心を整えようということです。

それは男性側も女性側も言えることで何処かで妥協しないとそこには失敗したらいけない世界が広がってしまい生活するのが窮屈になってしまうことがあります。

 

家事はもちろん大事なんですけど、たかが家事で人間関係崩壊なんて馬鹿馬鹿しいにも程があります。

 

「男性がしっかり家事すればいいじゃん」とか言われそうですけど、そういう問題じゃなくて家事に対してのハードルを自分で上げてしまってることにも原因はあると思う。女性側のほうが圧倒的に家事に向いているという事実もある中で男性側に自分と同じ働きを求めることってやっぱりキツイように感じる。

 

家事はしなくちゃいけない強制的なモノじゃなくて家族が心地良く過ごすための手段

である。

家事によって家族が心地よく過ごせなくなったら本末転倒なのではないだろうか??

 

それなら今より手を抜いて余裕のある家庭生活をしていったほうが明らかにいい。

 

もちろん男性側の積極的な家事参加はすべき。

「家事 男性」の画像検索結果

職場の男性で家事の話をすると「やってないよ」という人が結構多い。僕はその話を聞いて・・・

馬鹿かよ!!

 

って思ってしまう。もう今の時代男性が家事をすることなんて当たり前だ。仕事よりも家事に力を入れるべきだとも思っている。

 

女性が男性より家事が向いているという話をしたけど、女性にだってキャパはある。仕事もして家事を全部こなすとなると相当な負担になってしまう。好きでやっていたとしてもそれを放置している男側はどうかとも思う。

 

僕自身はお互い不規則勤務だから、どっちか仕事のときは残された一人が家事をする。それをしなかったら家族が心地よく過ごせないという思いで掃除機をかけて洗濯物をする。料理に関してもしていきたいけどキッチンはどうも譲りたくないらしいのでしていないがそれくらいはする。

 

何も家事をしない男性が多すぎるから世の中の女性は怒っているのだ。もう女性も働きだしているのなら黙って「洗濯は俺がするよ」って言ってみろ。そしてその任された家事は確実にこなせる様まで数をこなして欲しい。

 

女性が家にいる時間が減った今だからこそ夫婦の協力プレイは必須だ。

 

 

さいごに・・・

 

男性、女性を両方敵に回すような記事になってしまいましたけど

  • 女性は完璧を求めすぎず、肩の力を抜こう。あと夫を信じて家事を少し任せよう
  • 男性は積極的に家事参加をしよう。仕事を言い訳にするぐらいなら家のことがある程度出来るような仕事に転職しろ

という感じになりました。家事はあくまで楽しい生活のための手段なので熱くなりすぎないようにしましょう。

 

 

この記事を書いている僕が一番熱くなっていますが(笑)

これにて終わります。閲覧ありがとうございました。