ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

ゆとり世代のミニマリスト。ミニマリストネタを基本につぶやく雑記ブログです。

何故ミニマリストなのに質より量や安さを重視するのか??4つの理由をあげます

どうもミニマリスト詐欺と疑われつつあるたんたんです。

ミニマリスト詐欺というのもこのブログで取り扱っているカテゴリー自体がミニマムではないといったことからきています。

 

そして記事数も250を超えている充実ぷり。「ゆとり男とミニマリストの融合ライフ」というタイトルのくせにブログ自体がマキシマムという矛盾。

 

分かりますwwと言うか僕って生活がミニマムなだけなんですよね。

 

ミニマリストだって生活や仕事が複雑なのが嫌な大雑把な人間だから減らして楽にしただけです。というか単なる面倒くさがりなんですよねww

 

僕の中では好きなことはマキシマム、嫌いなことはミニマムにしているので大好きなことブログはマキシマムなんですよね。

 

と言ってると言い訳みたいになりますが、基本的に僕は質より量で安いものを好みます。

 

使えればそれでいい

「安い イラスト」の画像検索結果

よくミニマリストの持ち物をみますけど結構いいもの持っているんですよね。MacBookとかいいカバンとか、高い服とか。僕はそれらには興味がなくて、カバンや財布とかは嫁からの貰い物だし、服はUNIQLOやGU。この記事を打っているパソコンだって17000円のChromebookです。

 

今のところそれで不満はないし、今より良いものを買うつもりもありません。

そもそも使えればそれでいいと思う人であります。ご飯にしても日本食な時点で美味いのは確定しているのでたくさん食べれればそれでいいと思っています。

 

僕にとって質なんかそんなにどうでもよくて使えればそれでいいと思っています。そのなかで自分に本当に価値のある物があれば買います。

 

例えドラム式の洗濯機はその少ないもの一つです。これは洗濯を干すという手間が省け無駄な時間を無くせることに価値を見出しました。実際本当便利で時間短縮に繋がりました。

 

こういった時間短縮が出来るもの以外は使えればそれでいいと思っています。

 

量が質を上回ることだってある。

「質より量」の画像検索結果

僕がこのブログで大量の記事を作成しているのって質を重視する考えよりも60%ぐらいの力の入れ具合の記事を量産するほうが結果につながるという考えがあるからです。

 

そもそも少ない記事で結果を残す人はほんの一部の人であると思っている。僕の場合は最高の一品を作ることよりも多くの記事を書いて数打てば当たる戦法を繰り返すことが成長への道ではないかと思う。

 

そのためには毎日記事を書いて多くの人の目に触れる機会を作ることが大切だと思っている。そして今現在では記事を作ることが苦じゃなく、息を吸うようにかけているので僕にはこのやり方が合っているのではないかと思った。

 

好きなことだったらいくらでもできる。もちろんかけば書くほど質も上がってくるので自然に神様に評価されるようになってくる。

 

やっぱりやり始めとかはとにかく数をこなして慣れるということが僕みたいな凡人からするといいのかもしれない。質は慣れてから追求すればいい。

 

量を作ることは行動しないといけない。その行動力がいずれノウハウになって返って来る。まずは量だ。質より量といえるのはその量を乗り越えてノウハウや技術がついた人が言うものだ。

 

安いは正義

「安いは正義」の画像検索結果

こういうことを言うと「安いのは質が悪いから長持ちしないよ」とよく言われますが、長持ちしなければまた安いものを買えばいいんじゃない??って思ってしまいます。

 

先程書いたみたいに時間を作ってくれるものには惜しみなく投資するのですが、そうじゃないものは出来るだけ安いものにします。 安っぽい男と言ってもらって構いません。別に人からどう見られようがそんなに気になりません。

 

逆に持っているものや身につけているもので人を判断するような人こっちから断捨離です。安いというのはマイナスに捉えられるかもしれないけど替えがききやすいということですから。以前高いものを使っていてそれが使えなくなったときまた高いものを買わない時がすみまないし、ギリギリまで使ってしまい逆に貧乏臭くなることだってあります。

 

しかし安いものなら「どうせ安いから」すぐ見切りをつけれます。そもそも値段が2倍のものが安いものより2倍の期間持つとかそういったわけでもないです。

 

僕は安くても新しいものを持っていたい人ということもありますが、代わりがきくって気分的には楽ですよ。あと安いから少々無理した使い方してもいいという気持ちの余裕もあります。

 

ミニマリストにも種類がある

 

ミニマリストにも質を重視する人もいれば安さを重視する人がいる。それはその人の趣味嗜好な話であって「ミニマリストとはこうであるべきだ」みたいなことは無い。

 

僕は質より安さである考えであるだけで、みんながみんなそうではない。

持っているものが安いものでも心が満たされればそれでいい。物によって幸せを与えられるより自分がした行動がそのまま幸せに結びつくと考えている。

 

モノと向き合った結果今みたいなライフスタイルに行き着いたのであなたも自分にあったライフスタイルを構築をしてみてはいかがでしょうか??