ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

ゆとり世代のミニマリスト。ミニマリストネタを基本につぶやく雑記ブログです。

エイプリルフールで嘘つくやつは嫌い

この記事を書いているのは22時半なんだけど今日中に投稿できたら嬉しいと思う。

 

今日はエイプリルフールだったらしい。

エイプリルフールって嘘を言ってもいいみたいな話だが僕は嘘は嫌いだ。

 

もちろんいい嘘なら大歓迎だが人を傷つけるような嘘をつくやつはいくら友達でも軽蔑する。

 

以前エイプリルフールに今は他人となっている人と遊んだ時俺がトイレ行っている間に俺の財布から札を抜き出したヤツがいた。

 

その後買い物した時にお金がなくてあたふたしている俺にヤツはニヤニヤしながら札を渡してきて「貸してやるよ」とか言ってきた。

 

家に帰った後その今は他人となったヤツがお金をだして「騙されたー」とか言ってきやがった。

すぐそいつをぶん殴り絶交した。

 

これを聞いて俺のことをユーモアがないヤツだと思うなら思ってくれてそれでいい。しかしいくらエイプリルフールだとしてもついていい嘘といけない嘘というものになる。

 

俺はお金に対してシビアな面があるのでそいつのしたことはただの悪だ。

 

エイプリルフールはどこからやってきたネタかはよく分からないが人を騙して笑ってるやつをみるのが嫌いだ。そして騙したとしたらしっかり謝るというのが礼儀だと思う。

 

悪い嘘をエイプリルフールだといって軽々しくつけるヤツは本当滅んでほしい。こっちはお前のおもちゃじゃないんだよ。壁に向かって言っとけよ。

 

人を傷つける嘘をつく人間いる限りエイプリルフールみたいな日を作っちゃいけない。自分が同じことを言われたらどう思うか考えてくれ。

 

どうせそいつに俺が同じような嘘をついたらキレるだろ。そういうことだよ。

 

俺は人を傷つけるような嘘をつきながら笑っている人間なんか関わりたくない。どんどん切っていく。

 

自分に都合の悪い人間なんて断捨離だ。

エイプリルフールでつく嘘は誰も傷つかない嘘であるべきだ。

でも人それぞれ感情のスイッチというものが違って自分にとってはたいしたことじゃなくても相手からすると許せないみたいなことってたくさんある。

 

日常生活でも相手の領域を侵害しないように意識してるのになぜ4月1日はそれを解放するのか意味がわからない。嘘をつかれる側からするとたまったもんじゃない。

 

騙す側は気持ち位かもしれないが騙される側は怒りと悲しみのほうが大きい。

 

そんなの分かり切ってるのにエイプリルフールだからと言って平気に人を傷つけるようなことを言う人のきがしれない。

 

とくに子どもとかって残酷なところがあるからそれがイジメに発展することだって充分にあり得る。僕みたいにキレたりするような人はユーモアがないということでイジメの標的になることだってある。

 

そもそもユーモアってなんだよ。自分がついた汚い嘘に笑って返すただの都合の良い人を探してるだけじゃん。

 

傷つくような嘘をついてさらにそれを種にさらなる人格攻撃を仕掛けてくる人なんて雑に扱われてもいいと思う。

 

人に嘘をつくこと自体リスクがあることだからそれで相手がキレても文句を言う資格なんてない。ひたすら謝るしかない。それができないなら嘘をつくな。いくらエイプリルフールでも。