ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

ゆとり世代のミニマリスト。ミニマリストネタを基本につぶやく雑記ブログです。

心地よくブログ運営をしていく為には好きな人だけ関わるのが一番だ

雑談 ブログ論&運営報告

 

こんばんは〜たんたんです。

 

この【ゆとり男とミニマリストの融合ライフ】を運営して半年に差しかかろうとしています。

 

10月になにも知らない状態で始めたブログでしたけど、運営していくうちにカスタマイズや記事の書き方など自分で勉強したりしてそこそこできるようになってきたのかな?って思っています。

 

毎日更新はブログに慣れるという意味でも短期間で僕に多くのことを与えてくれました。

 

一方読者登録者も500人を突破し月に万単位の人に読んで頂けるブログになって来たので、ブクマとかでたまにアンチも出現してきました。

 

まさか僕のブログごときにそういったコメントが来るようになるとは思っていなかったんで「僕のブログも成長したなあ」って感心していました。

 

しかし、最近は本当に記事をみたのか?と思うような的外れなコメントもあったのでそろそろアンチとの付き合い方について考える必要があるような気もしました。

  

 

ということで今回は僕が今実際にしているアンチへの対策を書いていきます。

 

 

徹底的にブロック非表示をかます。

 

f:id:fukai19930806347:20170321192743p:plain

ぶっちゃけ視界にその人のコメントを入れないのが一番です。

 

気に入らない人のコメントはみないかブロックや非表示で強制的にシャットアウトするのがストレスが少ないと感じました。

 。

 

僕が書いている子持ちの記事とかも単に思っている不満を記事にぶつけているだけだし、嫌ならみなくていいっていう思いで書いてあります。

 

そもそもタイトルでだいたい書いてあることわかるのに見に行くのもどうかと思います。

 

自分のことを嫌いな人と関わるのは時間の無駄だからさっさとブロックかますのが一番だと思います。

 

別に俺は人のためにブログを書いているわけでもないですからね。(たまに検索を狙うこともあるが)

 

 

ブコメで批判がきても「リンクが増えて検索に強くなる」って思えば感謝できる。

f:id:fukai19930806347:20170321193112p:plain

 

僕みたいなブログ始めて半年もたたないものの記事にわざわざはてブをつけてくれること自体感謝なんですよね。

 

それが批判だろうとPVや収益の増加になるのでありがたいんですよね。

 

大物ブロガーからすると邪魔なアンチが僕からするとありがたい面もあります。

 

まぁそれでもそういった人と分かり合うことが出来ないので自ら離れていきます。

 

 

基本的に僕の記事を喜んで読んでくれる人さえいれば僕はそれでいい。

f:id:fukai19930806347:20170321193233p:plain

 

ブログはあくまで趣味なので楽しく運営していきたいとは常日頃思っています。

 

しかもブログの素晴らしいところは憂さ晴らしみたいな記事も「いいね!」と言って読んでくれる人もいてわずかながら収益につながるということだ。

 

僕のクソみたいな文章も読む人によっては納得のいくものになったり心に響いたりすることもあるらしいから僕はとても嬉しい。

 

僕はそういった僕の書く記事が好きな人さえいればこのブログ運営は成功だったと言える。

  

だからこそ、よくわからない人に自分の気分を害させるなんてゴメンだ。

 

 

さいごに・・・

 

心地よくブログを運営していくためには環境作りは非常に大切だ。

 

特にブログを通してつながる関係は厳選していきたい。

 

アンチとは話し合ったところでどうせ分かり合えることはない。

 

それはどうしようもないことなんだ。

 

自分のことを好きじゃない人に自分を好きになれっていうこと自体おかしい話だ。

 

どうせ分かり合えないなら泥沼化する前にブロックして終わらせてしまうのが手っ取り早い。

 

批判をしたいだけの人なんかこのネット上にうようよいる。

 

自分と違う意見の人をいいくるめようみたいな考えは持たないほうがいい。

 

どうせ分かり合えないんだ。

 

単なる時間の無駄だから断捨離しよう。

 

それより自分と似たような考えを持っている人を見つけてその人と生きようとすることが上手いネットの使い方なのではないかと思う。

 

わざわざみんなに好かれようとする記事を無理して書く必要なんてない。

 

どうせそんなの書いたところで自分という人間のことが嫌いなんだからどうしようもない。

 

なら自分の道を貫いて思ったことを書きなぐるのが心地よいブログ運営になるのではないかと思う。