ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

ゆとり世代のミニマリスト。ミニマリストネタを基本につぶやく雑記ブログです。

当ブログの運営者【たんたん】のことが分かる記事

自己紹介

 

当ブログへようこそ!!

【ゆとり男とミニマリストの融合ライフ】の管理者のたんたんです。

 

実際に当ブログを読んでいただく前に僕がどういった人か知っていただければ更に楽しんでいただけるのではないかと思い当記事を作成しました。

 

今回は毎日のブログではなかなか書けない踏み込んだことも書いていきたいです。

 

 

  

基本ステータス

 

f:id:fukai19930806347:20170304014421p:plain

※本人です。

 

 

住んでいる場所、体格

 

僕は島根県の出雲に住んでいる23歳のゆとり世代のブロガーです。

記事数は少ないですが島根の記事も書いていますので是非どうぞ!!

島根の話 カテゴリーの記事一覧 - ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

 

写真を見てなかなかわからないと思いますけど・・・

 

身長〜185cm

体重〜68kg

 

結構恵まれた体格をしていますww

産んでくれた両親に感謝ですね。といってもその恵まれたことがブログ運営を困らせたこともありました。

自分の記事に説得力が欠けるのは僕が恵まれているからなのでは?と思った話 - ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

 

 

仕事

今は地元の介護施設にて介護士として働いています(現在2年目)

以前は保育士として働いていましたが1年で辞めましたww

 

短い期間でしたけど保育に携わった経験から保育園の選び方のコツという記事も書きましたので興味のある方はどうぞ▼

 

保育園選びに失敗しない方法を元保育士が教えます - ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

 

 

趣味

読書

さまざまの人の人生が詰まっていてコスパ高いし文章を読むことが大好き。

 

小説はあまり読まず、自己啓発系やお金に関する本をよく読みます。ミニマリストということもあって定期的にミニマリスト本を読みます。

 

▼オススメミニマリスト本はこちらで紹介しています。

【ミニマリスト入門書】ぜひ読んでいただきたいミニマリスト本おすすめ5選 - ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

 

現在は電子書籍を利用しているので紙の本をあまり持たずスタイリッシュな読書をしていますww

ミニマリストが電子書籍(Kindle)に移行して感じたメリットとデメリット - ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

 

 

 ブログ

 

多くの人と繋がれるツールであり、お金を生み出すことができる。なにより自分の思ったことを文章にできるのは楽しいです。

 

実際に当ブログを運営するようになってから毎日パソコンに向き合い記事作成やリライトをしています。最近は月に1万円以上の広告収入も入ってくるようになりました。

 

楽しくお小遣いを稼げるこの時代はすごいですね。

【運営報告】今月も3万PV、収益1万突破したから報告してみる - ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

 

 

 旅

 

人生の醍醐味と言われるほどのものはある。特に尾道が大好きでいつもゲストハウスに泊まりいつもと違う人とワイワイするのは至福の時間だ!

 

一人旅から彼女とのラブラブの旅もあるのでお楽しみにww

 

これからも月に一回は旅に出て多くの刺激を受けて当ブログにて発信していきたい。


尾道の宿泊は2000円代のゲストハウスがオススメ!! - ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

 

【リア充】クリスマスは大好きな彼女と広島へ行ってきました - ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

 

以前の僕の性格・・・

 

僕がミニマリストになるまでの性格として今の僕から見たらダメダメでした。

 

・極端に人からの目線をおそれていた

・思ったことをすぐに口に出せない。嘘をつく

・自分は何も出来ないダメ人間だと思いこんでいた

 

 

自己肯定感が低いせいでいつも辛い思いをしていました。自己肯定感が低いのはこのクセのある性格を受け入れてくれる人が少なかったからです。

 

人とすぐ比べてしまって「僕はなんてダメだろう」っていつも思っていました。

 そんな人生本当に嫌だった。比べてしまうことって簡単に不幸になってしまうんですよね・・・

 

 

以前は保育士をしていた

 

僕は今の福祉の仕事をする前に保育士の仕事をしていました。

 

保育士になるために専門学校に行っていたのですけど、今となってはそこは地獄の場所でした。

保育実習やボランティアは理不尽なことしか起こらないから全く勉強にならない - ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

 

その当時男性保育士は少なかったので周りの人から雑に扱われることももちろんでした。その当時から圧倒的な女性社会が形成されていて本当に居心地が悪かったです。

 

実習では運良く性格が悪い先生なあたってしまって、実習にしてすでにパワパラを受けてしまうほどでした。 

 

就職試験では歌とピアノで運良くパーフェクトに出来なんとか就職を決めて卒業することが出来ました。

 

卒業してすぐ地元の保育園に働き始めたはいいのですけど、もともと不器用な性格でその頃はミニマリストでもなかったのでいつも考えがごちゃごちゃしていて、失敗ばっか・・・

 

保育士の仕事って本当に忙しくて毎日夜の9時までサービス残業したり、土日は持ち帰りの仕事をしていて自分の時間なんてありませんでした。

 

 

本当は好きで始めた仕事だったのにだんだん仕事に行くのが憂鬱になってしまって、行きの車で「目の前にある電柱にぶつかれば、仕事に行かなくてすむんじゃないか??」と何回も考えるほどでした。

 

それから間もなく僕は職場に行くたびに嘔吐をしたり、突然泣き出したりするなどの情緒不安定になってしまって、仕事を休職して精神科で週に2回ほど先生とカウンセラをする日々が2ヶ月ほど続きました。

 

診断では神経症と軽めの鬱と言われて暫くの間は精神安定剤を飲んで過ごしていました。

 

現在の彼女が僕を救ってくれた

 

僕には現在付き合って2年半になる彼女がいます。

f:id:fukai19930806347:20170304021642p:plain

 

僕が鬱になる半年前から付き合っていていつも僕のことを思ってくれていた優しい彼女です。

 

実際に僕がどんどん壊れていくのを目の前で見ていた彼女でしたが、いつも優しく抱きしめてくれていて彼女といるときは仕事のことを忘れられていました。

 

しかし、職場での無能と人間関係の悪さから僕は壊れてしまいました。

 

僕はすぐ自分を責めてしまう習性があったためどんどん深みにハマっていきましたが彼女の存在が僕の唯一の光となって明るく照らしてくれていました。

 

もう僕は仕事をやめる気でいましたが次の就職先が全然決まっていませんでした。

 

 

以前彼女の職場が人手不足だった話を聞いていたので「ねぇ君の職場に就職しちゃダメ??」って聞いたら「別にいと思うよ」と言ってくれて、彼女が上司に掛け合ってくれて僕を推薦してくれました。

 

僕は介護なんて縁がない全くの初心者でした。

 

でもそれが良かったみたいで、どんどん新しいことを知っていくのは楽しかったです。

 

今の職場は僕を一からしっかり教えてくださり、僕に優しくしてくれて僕は以前鬱だったことなんてすっかり忘れてしまうほど元気になりました。

 

これも僕が弱ってるときに支えてくれて、しかも僕の働き場所まで与えてくれた彼女のおかげほかありません

 

そのときから僕の人生はだんだん上向いてきた気がします。

 

 

ミニマリズムとの出会い

 

今の仕事を初めて1年になって全くの初心者だった僕も、皆さんのお陰でいろいろな知識や技術を身に着けることができ、人並みには働けるようになっていました。

 

その時は自分の生活にも大分余裕が出てきて本来大好きだった本もたくさん読むことが出来ました。

 

そのときに出会った本がこちらで・・・

 

 

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

 

 

こちらの本は偶然行った書店の店頭に並んでいたのをみて思わず購入してしまいましたが、本当に衝撃的な内容でした。

 

まず表紙の部屋に全くといっていいほどものがなくて、大きなインパクトを受けました。

 

この本を読み進めるうちに僕は幸せをいつも与えてもらうのを待っていたガキンチョで、何一つ幸せになるための行動ができていなかったことを思い知らされました。

 

部屋には散らかったモノが散乱しており、例の黒い虫もよく現れていました。

 

この本を読んで物を捨てることの効力や変わっていく自分を知りたいということで断捨離が始まりました。

 

僕はハマると一気にのめり込むタイプの人間でこの断捨離ではそれが遺憾なく発揮され、僅か1ヶ月もしないうちにミニマリスト化を終えてしまいました。

 

f:id:fukai19930806347:20170130153757j:plain

 

モノを捨ててから僕は人が変わったかのように穏やかな人間になりました。

クローゼットやカバンもスッキリしました。

 

ミニマリストのクローゼットはシンプルで大好きなアイテムの宝庫だ!! - ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

 

ミニマリストのカバンの中身は必要最低限しか入っていなかった - ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

 

以前は他人の目ばっか気にしていたこともなくなり、自分を悲観することもなくなりました。

 

これらの感情って自分に余裕が無いから引き起こされていた感情でした。

 

そしてモノを捨てたことによって自分自身を高めたいという気持ちになり以前と比べ外に出たり、旅をしたり楽しいことを自ら求めていくようになりました。

 

このブログだってミニマリズムがもたらした産物だと思っていて今ではこのブログにのめり込んでいる状態ですね。

 

ミニマリズムは確実に僕を幸せにしてくれましたし、これからもこのミニマリズムの恩恵を存分に発揮して楽しく生きていこうかと思います。

 

 

さいごに・・・

 

なんか自己紹介と言うよりかは自分の過去について語った感じでしたね。

 

それでもこの記事で自分をさらけ出すことによって皆さんが安心してこのブログを読んで楽しんでいただけたらと思います。

 

たまにキツイ記事を書いてしまいますけど、このブログではどんどん自分の感情を出していきたいと思いますので皆さん何卒よろしくお願いします。