ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

ゆとり世代のミニマリスト。ミニマリストネタを基本につぶやく雑記ブログです。

ミニマリストは自分自身への投資にお金を使うので満足度が高い話

f:id:fukai19930806347:20170416013900p:plain

こんばんわ〜たんたんです。

以前ミニマリストブログをして出費が減ったという記事を書いたのですけど、実際に余計な出費を減らしたところで自分のやりたいことができないとその余ったお金って意味をなさなくなってしまいます。

 

ミニマリストブログを趣味で始めてから出費が減った話 - ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

 

余ったお金を貯金に回して将来に備えるっていう方法もあるのですけど、自分の好きなことを見つけてそこにお金を惜しげなく投資するほうが人生における満足度も上がり、自分のナリワイにもつなげやすいのではないかと思います。

 

ミニマリストは断捨離をナリワイにして収入を得ることができるのではないだろうか?? - ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

 

金は天下の回りモノっていう言葉があるくらいなので自分がしたいことがあればケチる必要はまったくないです。

 

でも、ミニマリストってモノを多くのものを持つことを嫌う習性もあるので(実際に僕もそう)けっこうすることが絞られてくるのではないかと思います。

 

実際にミニマリスト佐々木典士さんもものにお金を使うことがなくなったから経験につぎ込むようになったって著書で言っていましたし、自分の身になることにお金を使いたい人が多いのではないかと思った。

 

まわりのミニマリストに聞いてみても多くの体験から人生を豊かにしている人が多いと感じたので書いていきたいと思います。

 

旅をする

 

f:id:fukai19930806347:20170226135000p:plain

 

僕は旅が大好きですね〜

 

知らない地に行ってそこでの生活や文化に触れることや自分の知らないことを知ることに喜びを感じます。

 

僕は貧乏的な旅が結構好きで、1万以下で尾道に乗り込むことがあります。

お金もミニマムでたくさんの経験を得ることができるのでコスパいいと勝手に思っています。

 

ゲストハウスにいけば初対面の僕を受け入れてくれる優しい人に出会い、一緒に飲みに行ったり、自炊して食卓を囲みながら旅での話や自分の住んでいる場所のこと、悩みなど僕の心の闇を浄化してくれます。

 

そこでもし魅力的な土地を見つけたらそこに移住して住めばいいし、自分のライフスタイルの拠点を探すことだって出来ます。

 

僕は旅って言っても観光会社が企画するツアーとかには全く興味はなく自分の行きたいときに行って帰りたいときに帰る自由な旅が大好きです。

 

いずれは海外とか行ってみたいですけど、今日本は面白い街が多いのでそこを巡ってみたいですね。

 

僕の大好き尾道はもちろん、福岡や和歌山や下諏訪にはぜひ行ってみたいですね。

 

日によってはゲストハウスの宿泊費が値引きされることもあるので1万円以下で尾道の旅をすることはあります。

尾道の行った記事はこちら

 

尾道の宿泊は2000円代のゲストハウスがオススメ!! - ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

 

 

会いたい人に会いに行く

f:id:fukai19930806347:20170325002637p:plain

 

遠くにいる友達でもいいですし自分が尊敬している人に会いに行くためにお金を使うのは幸福度が高いです。

 

そこで楽しい話を聞いたり、尊敬する人から経験談や知識をおっそ分けしてもらうことは貴重な体験なのではないでしょうか??

 

これは最初に上げた旅をするに掛け合わせることができますし、一回の旅で何人か会いたい人にあってゲストハウスに泊まるって結構最強の組み合わせなのではないでしょうか??

 

モノが少なくなると自分の内面に向かっていくので自分が何をしたいと考えると外に出たくなるのが人間の本能なのだと思う。

 

これからの時代コミュニティーの形成が大切になってくるのでネットで作ったコミュニティの人たちに会いに行く身の軽さが大切になってくるのではないか。

 

それにしても僕が住んでいる島根は交通の便が悪すぎる。

 逆にブログで島根の良さを発信しまくって、来てくれた人とオフ会するのも楽しそうだ。

 

車を持つことでお金はかかるけど便利すぎて捨てられない話 - ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

 

 

したいことがなければ読書で情報収集

f:id:fukai19930806347:20170226151121p:plain

 

今上げたことがしっくり来なかったら読書をしてみてはいかがでしょうか??

 

本はその人の人生が詰まっていてそこから感銘を受けて、したいことを見つけられるのではないでしょうか??

 

実際に本を読んでいる時間は楽しいですし趣味としてはお金もかかりません。

あと本を積み重ねるのが嫌なら電子書籍を利用すればスマホタブレットにデータを溜め込むことができるのでいいのではないでしょうか。

 

ミニマリストが電子書籍(Kindle)に移行して感じたメリットとデメリット - ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

 

実際に本で得たことを軸にしてこのブログを書いていることも多いですし、本で得た情報っていろんな場面において引き出すことができます。

 

この機会だからミニマリスト本を読んでいただくことをオススメします。生きることが非常に楽になりますよ。▼オススメミニマリスト本はこちらから

 

【ミニマリスト入門書】ぜひ読んでいただきたいミニマリスト本おすすめ5選 - ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

 

 

メリハリの有るお金の使い方が大切

 

この項目は追記になります(3/4)

 

ここで大体僕が言おうとしてることは結構分かってくださったのですが賢いお金の使い方とは・・・

 

自分自身に投資しようということです。

 

読書や旅や人との関わりに使うお金ならどんどん投資すべきだと思っています。

 

読書は直接的に情報をインプットし知識の貯蓄になり選択肢を増やすことが出来ますし、旅は今まで行ったことない場所での文化を知ることができるだけでなく、それを楽しむことだって出来ます。 

 

会いたい人に会うということも自分が会いたい人なら誰でもいいのです。

例えば僕はこのブログを運営するようなきっかけとなった方であるA1理論さんに会いに高田馬場や下諏訪に行くことだって僕を幸せにしてくれる投資になるでしょう。

 

 

okite.hatenadiary.jp

 

ものを買うだけでは一時的な欲求を解消する、その場しのぎにしかならないです。

 

逆にこの記事で上げたことはのちのち財産になって僕を幸せにしてくれると思います。

 

だからこそ、僕は実際に物を減らすことによって管理する費用や時間を少なくしできるだけ固定費やその他生活費を抑えてその浮いたお金や時間でブログを書いたり、本を読んだり、旅をしています。

 

せっかくもらった命なんだから自分をとことん追求していきたいと思います

 

 

さいごに

 

結局自分が好きなことや自分の身になることにお金を使うことがリターンになって返ってくるのではないかと思います。

 

老後のために貯金してもそのときに健康に生きているかわからないですし元気がある今だからこそ思い切ってお金を使ってみるのはどうでしょうか??

 

実際老後にお金がなくても生活保護でも生きていけますし、将来を意識して今を犠牲にするよりかは後のことは後で考えるでいいと思います。

 

計画性がないと言われればそうかもしれませんが実際に計画どうりに人生を実行できる人もそう多くないですし、想定外のことが起きたら一気に崩れ去ってしまいます。

 

それよりも若いうちにコミュニティーなどのつながりを作っていくことが大切でそれらはなんかあったときの選択肢にもなります。

 

別に貯金するなって言うわけではなく、老後のためとか将来のためって言って今したいことを我慢してまで貯金する必要がないって言っているのです。

 

若いときは多くのことを経験しろっというのは仕事のことや家のことだけでなく自分の得意分野を見つけろということなのではないかと最近思い始めてきました。

 

そのためにはお金を惜しまず自分に投資したり、旅に出たりすることはこれからの自分の人生において良い影響を与えてくれるものだと信じています。