ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

ゆとり世代のミニマリスト。ミニマリストネタを基本につぶやく雑記ブログです。

介護福祉士の資格を取得しても給料が上がるわけではない話

 

どうも、たんたん(@tantan4423)です。

  今の介護の仕事を始めて早2年になって今はだいたいのこともできるようになり非常に楽に働けています。

 

最初は分からないことだらけでしたけど出会いに恵まれてここまでこれている感じです。保育士時代に鬱手前までいったのが嘘のようです。

 

 

2年が過ぎて今は3年目なので介護福祉士を受講資格を満たすまであと1年になりました

 

昨年の制度改正により、実技試験が廃止になった代わりに実務者研修という長い研修を受けることが受験資格として追加されました。

 

これらの背景もありこれからどうするのか悩んでしまっています。

 悩んでいる細かな理由はしたに書いていきます。

 

給料アップの見込みが少ない 

f:id:fukai19930806347:20170131033824j:image

 

いきなり金かよ!?

 

と思うかもしれませんけど、やっぱり国家資格を取るということは以前と比べて大きなメリットがあるべきだと思っています。

 

 しかし、上司に聞くところ給料は1万円もアップしないらしく、それなら今やりたくない勉強や研修に行ってまで取る必要があるのかと感じてしまいました。

 

 

介護業界は厳しくてなかなか給料アップができるような環境ではないことはわかっていますが、なんか悲しいです。最近になって介護処遇手当という国から介護施設に支給されるお金が増額されたのですけど、施設側の裁量によって支給する額が決まってしまうので介護士以外の職種にも支給されている現状です。

 

 実際に資格を持っている先輩と僕との給料やボーナスも対して変わっているわけでもないので、この資格をとって受けられる恩恵は少ないように感じています。

 

 

出世に全く興味がないししたくない。

 

f:id:fukai19930806347:20170131034450j:image

 

はいゆとりです。

 

またお金の話になりますけど、これ出世したところで対した給料が増えるわけではないです。ましてや責任が増えたり現場から離れてしまうのは嫌ですね。

 

実際に利用者さんと関わるのが大好きでこの仕事を続けているようなものですから、資格を得る代償にこの仕事での楽しみを奪うようなことはしたくないです。

 

「男なら出世しないと!!」とよくいわれますが、別に僕は介護に命をかけてるわけでもないですし、この道を極めるつもりもありません。

 

出世すれば自由が効かなくなるので、今みたいに仕事中にブログを書くこともできなくなるのは嫌ですからね。

 

 

施設側が職員の育成に関して協力的ではない。

 

f:id:fukai19930806347:20170131035152j:image

 

ほとんどの原因はここにあってもいいと思います。

 実は介護福祉士になるために受ける実務者研修は受けるのに8万円かかります。

 

だいたいの職場はこういう必須の資格を取らせるためにはいろいろな援助をしているのですが、うちのところでは自己責任として全額自己負担でいくことになります。

 

まあ確かに自分の資格なんで自己責任かもしれませんけど、それなら職場で取れという無言の圧力をかけるのはやめていただきたいですね。

 

もちろんその研修に行くのも、仕事扱いではなく休みの日に行くことになるのでどうにかならないかなあ〜って思っているところです。

 

別に資格なくても今のまま働けそうなのでじっくり考えたいですね〜

 

さいごに

 

一応資格を取ることのメリット、デメリットをまとめると

 

メリット

・出世できる

・ケアマネジャーの資格をとることもできる。

・仕事の幅が広がる

 

デメリット

・給料アップの見込みが少ない

・職場が資格取得に対して協力的じゃないため費用がかさむ

・忙しくなる

 とありますね。

 

資格をとって増えた給料って多分今書いているこのブログで十分です。

それでも資格を取るならネットを使った講座がお得!!

 

最近は転職する際に転職サイトを使えば実務者研修を無料で受けさせてくれるかいご畑があるので該当地域に入っているなら積極的に使っていきたいです。

リンクは下に貼っておきます!

キャリアアップ応援制度あり!介護職のキャリアアップなら介護専門求人サイトかいご畑

 

今の仕事は好きで職場でも少しずつ認められていて働きやすくなってるので、もう少し考えて後悔のない選択をしたいと思います。

 

これにて終わります。

閲覧ありがとうございます。