ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

ゆとり世代のミニマリスト。ミニマリストネタを基本につぶやく雑記ブログです。

絵本の無料公開で炎上したキングコング西野亮廣さんは何が悪いの?

 

キングコング西野さんっていま凄い勢いですよね!!

 

お笑い芸人という枠を超えて、絵本作家として成功しています。

 

彼は絵を描く才能と周りを巻き込む力を持った人なんだとつくづく思います。

 

クラウドファンディングで絵本の作成をするアイディアも効率的で素晴らしいですし、ハロウィンのゴミ拾いに関しても楽しいをモットーに行動できるのは本当尊敬します。

 

その裏の一面として彼は炎上芸人としていつも綺麗に燃えています。

 

あまりもの燃えっぷりで自分でカスタマイズした炎上なんじゃないかと疑ってしまうレベルです。

 

そんな彼が今回炎上したのは

 

自身の著作である【えんとつ町のプペル】を無料公開するという記事をアップしたことに反発が出たことです。

 

キングコング 西野 公式ブログ - お金の奴隷解放宣言。 - Powered by LINE

 

えんとつ町のプペルは20万部を記録した絵本としては異例の大ヒットを記録した著作です。

 

えんとつ町のプペル

えんとつ町のプペル

 

 

 

しかし、この絵本は一冊2000円という絵本にしてはなかなか高額の部類です。 絵本の対象って基本子どもです。

 

今の世の中、子どもを育てている家庭は共働きをしないと支えていけない状況の人は多く、絵本に2000円って痛い出費ではないかと思います。

 

西野さんは、読みたいのにお金が邪魔をして読めない人がいるならいっそ無料にして多くの人に知ってほしいという思いがあってこのような行動を出たそうです。

 

 

この記事を見て素敵だなって感じた

 

f:id:fukai19930806347:20170210154450p:plain

なかなか無料にすることに踏み切ることは勇気もいりますし、当然周りからの反発があります。

 

当然無料にすることは簡単ではないのは分かっています。

 

でも作品を読んで欲しいという思いがこのような行動に踏み出すことができたのだと思います。

 

消費者である僕からすると

 

読みたかった作品が無料で読めるなんて嬉しい!!

 

 

僕もえんとつ町のプペルは読んでいないので非常に楽しみです。

  

しかも製作者である西野さんがそれを認めてるなら何の気だめもなく読むことができるでしょう??

 

 

安いやタダは悪いことではない

 

f:id:fukai19930806347:20170210154839p:plain

よく、海外で芸術に触れた人が「日本人は芸術に対して関心が薄いから対価を払わない」みたいなことをいいますけど、別にどっちでもいいと思います。

 

みんなそれが払えるほどお金があるわけでもないし、そうなると芸術ってお金に余裕がある人だけにしか楽しめない娯楽になってしまうんじゃないかな??

 

どの人にも生活があって生活することでギリギリの人なんか、芸術を嗜むような経済的な余裕なんてありません。

 

 

そういった意味では逆に日本ではどんな人でも芸術を気軽に楽しめるというのはいいことではないかと思います。

 

 安いってやっぱり正義のような気もする。

 

安くするにあたってさまざまな努力や苦労もあるとは思うけど、消費者の立場からすると安い方がやっぱり手を出しやすい。

 

一方でクリエイターを応援するために正当なお金を払うという考えもあるとは思う。

 

しかし、今回の西野さんは最高の作品を無料で提供してくれると言ったんだ。

 

それを、有り難く見させて頂いてもいいのではないか??

 

 

結局商売は弱肉強食の世界

 

f:id:fukai19930806347:20170210155017p:plain

こういった前例を作ると他のクリエイターが稼ぎにくくなるみたいな論もあるけど、こういった世界は基本弱肉強食だ。

 

他のクリエイターがいくら頑張っても消費者に認めてもらわなければ買ってくれない。

 

いくら西野さんがこのような手段に出て儲からなくなってしまっても文句は言えない。

 

お互い仕事でしてるなら、誰もしていないことをすることは非常に大切な事だし、結果的に西野さんがそれで生き残って他のクリエイターが消えてしまってもそれはしょうがないと思う。

 

各個人で仕事をしている以上仲良しこよしするわけにもいかない。

 だから一人勝ちしてしまってもしょうがない。

 

西野さんが無料公開するにあって自分のライバルであるクリエイターのことなんて考える必要なんて全くないと思う。

 

 

そもそも強者の人は弱者を救わないといけないという決まりでもあるのか??

 

f:id:fukai19930806347:20170210155242p:plain

西野さんが他のクリエイターのことを気遣う必要があるのか??ということです。

 

なんで、周りの空気を読んで自粛しないといけないのでしょうか??

 

 

僕自身社会においては弱者かもしれないけど、強者であるからという理由だけで叩くことはしない(政治家は国民の生活を悪くしているから叩くけど)

 

今回の場合でも競争に負けた人は買った人が気遣えって言っているようなもんで、別に西野さんは犯罪を犯したわけでもないのに人間の屑みたいに扱っている人がいていかがなものだと感じました。

 

結局自分から勝負の世界に入って負けたら勝者のせいにするなんて気持ち悪すぎます。

 

それならそういった心配のない雇用される働き方をして安定を求めればいいと思います。

 

まぁその雇用自体全く安定なんてしていませんが。

 

 

 

さいごに

 

西野さんの文を見る限り他のクリエイターを煽っているわけではなく、自分のしたいことを単純にしているだけな気がします。

 

僕は逆にこういった新しい試みをしている西野さんに興味を惹かれましたし、物語をシェアするという考えが非常に共感しました。

 

UMでも本のシュアのチャンネルができ自分の良いと思う本を持ち寄ってシュアすることが新しく始まりました。

 

結局クリエイターさんは良い作品を作ればそれを買う人は現れますし、ファンはついてきます。

 

ファンができれば自分の新しく作りたいものがあるときクラウドファンディングなどで力になってくれることもあります。

 

ブログの記事にしても同じですが、自分の記事(クリエイターなら作品)を好きになってくれる人さえいればなんとかなると思っています。

 

消費者は安いものを好みますが、本当に良いものはお金を払ってでも手に入れようとします。

 

結局新しいことをするときは反発する人間(だいたい古い価値観を持った脳筋)は出てくると思うけど、フル無視安定です。

 

先の時代を生きようとしている西野さんの生き方は単純にカッコいいなと思います。

 

 

次の時代を、先に生きる。 - まだ成長しなければ、ダメだと思っている君へ -

次の時代を、先に生きる。 - まだ成長しなければ、ダメだと思っている君へ -

 

 

長くなりましたけど、これにて終わります。 

閲覧ありがとうございます。