ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

ゆとり世代のミニマリスト。ミニマリストネタを基本につぶやく雑記ブログです。

保育園選びに失敗しない方法を元保育士が教えます

子育て、保育

 

 

どうも元保育で今は介護士たんたんです。

 

今回は以前保育士をしていた経験から良い保育所、悪い保育所を選ぶポイントを書いていきたいと思います。

 

ちなみに僕の保育士時代は運が悪くブラックな職場に行ってしまい、仕事漬けの毎日が嫌になってしまって1年位で辞めてしまいました。

 

しかし1年と言っても実際に現場に入っていて、自分のいた保育所みたいなところじゃないところなら保護者も子どもを預けても安心ではないかと考えました。

 

言わば反面教師にしろってことですね。

 

 

 実際に一言で言ってしまうと

 規模が大きいところはやめたほうがいい!っていうことですね。

 

実際に今は待機児童問題でなかなか保育所を選んでいる余裕とかは無いと思いますけどあくまに参考程度に聞いていただければ嬉しいです。

 

 

規模が大きい保育所は人間関係の悪さからパワハラや残業が横行しており、先生が健全なメンタルで子どもに関われない

 

大きい保育所ほど職員同士の対立やパワハラなどが横行しています。

 

ただでさえこの仕事って人間を相手にするわけで、ストレスが溜まるわけです。

 

そういった心が正常でない職員が多くいると職場内での人間関係が悪くなる傾向があります。

 

けっこう保育士さんって気が強い人が多く、自分の保育に自信を持っていて完璧主義な方が多いです。

 

それは一見するとすごくいいことなんですがそういった人が多く集まるとぶつかりやすい傾向があります。

 

こういったことも他の時にリラックスできる時があればいいですけど保育士さんて休みの日も持ち帰りに仕事をしたりでリラックスする余裕のないまま職場に行く人だっています。

 

まさに負のスパイラルで忙しすぎるがゆえに職場での人間関係も悪化する一方です

 

やっぱりそういった精神状態で子どもと関わるのは何が起きるかわからないですし、子どもにとって最善の関わりの欠如にもなるのでできるだけ先生の数が少ない所が良いと思います。

 

  

 

 

大きな法人や家族経営には気をつける

 f:id:fukai19930806347:20170108153627j:image

 

最近は保育所も民営化し多くの分野から参入することができるようになりました。

 

 

これらは少子高齢化に伴って保育所不足を解消するために参入のハードルを下げようとした結果です。

 

 

昔は公立として国からのバックアップがあった保育士という職がその他の民間団体によって管理されるようになりました。

 

市役所で働く人間が公務員ではないということと同じです。

 

 

国が管理していた時は利益なんて求める必要もなく保育士に対する給料も保証されていました。

 

 

今ではビジネスとして保育所を経営しているので経営者のさじ加減によって左右されてしまいます。

 

 

家族経営や大きな法人ではこのような傾向が強く溜め込みをして職員に還元しないということもあります。

 

 

これはいくら保育料を上げたりしたところで意味無いこともあります。

 

法律として保育士の最低賃金を引き上げたり、また国が保育士を管理するようにしたほうがいいと思います。

 

働きに対する正当な対価が払われないとどうなるかは、実際に働いている人からするとよくわかると思います。

 

働いていることがバカバカしくなって、仕事に対する意欲や、質の高い保育への探究心が薄れてしまいます。

 

 

上にあげた状態の職場ではなかなか質の高い保育をする職員のモチベーションが保てなくなります。

 

人間関係も悪くなってしまうので、手厚い保育を受ける見込みが少ないとおもいます。

 

なので、入所前に見学に行き職員の表情をみるとその保育園がどんなとこかが分かるとおもいます。

 

目安として求人がよく出てるところは注意してください。

 

求人が多いということは不満を持った職員が多いということですから。

 

そんな人が高いパフォーマンスを発揮はできません。

 

言わば生産性が低い人たちです。

 

実際に保育士の生産性の低さは見てもらっている子供に返って来るので、待遇改善は是非していただきたいです。 

 

 

 

大規模なところより小規模な保育園を!!

 f:id:fukai19930806347:20170108153954p:image

 

これは物理的なことですけど、小規模なところは子供の数が少ないです

 

子どもの数が少ないということは保育士と子どもが近い距離で関われるということです。

 

マンモス保育園とかだと、子どもが多いぶん行事に時間を使った日々の保育が流れ作業みたいになってしまうことがあります。

 

一人一人としっかり関わるということができなくなるデメリットがあります。

 

保育園に入る子どもって親が共働きで親と関わる時間が少ない子どもなのに、行った先の保育所でも密な人間関係を築きにくい環境になります。

 

そして大規模になればなるほど、子どもの自由も制限されますり(園庭が子どもだらけで思い切り走れないなど)

 

 

 

ストレスの正しい発散の仕方を身につけることができる機会も減るのでは無いかとおもいます。

 

 

人間勝手に成長しますけど、一人一人にしっかり向き合える環境が必要だとかんじます。

 

 

 

さいごに

 

上にあげた

・大きな法人や家族経営ではない
・職員がいきいきはたらいているか
・小規模

 

をチェックすれば良いところに巡り会えるのではないかとおもいます。

 

本当なら保育所なんていかず、家で子どもと一緒に過ごして、友達作りという理由で5歳ぐらいから幼稚園に行ってもらうのが、子供にとってもいいのではないかと思います。

 

 

実際僕もそうやって育ってきて、

多くの愛情を受けてきたから、自分のことを受け入れやすい性格になって、今幸せに生きていけていると思います。

 

でもそんな時代ではなくなってきて、他人にみてもらう時代が当たり前になりました。

 

こういった今だからこそ、人の温もりに触れる機会を大切にして欲しいと思っています。

 

 

そのためには保育士の資質の向上や給料のこともあります。

 

その他にも子育てをすることに対しての理解と協力する心を誰もが持つべきなのではないかと思います。

 

 

そもそも保育という行為をサービスとして提供することが間違いで、そういった種のモノではないと思っています。

 

 

子どもが健やかに育つためには国をあげてのバックアップは当然で、それにプラスして僕らの意識を変えていくべきです。

 

と保育士を一年も経たずやめた僕が語ってみました。

 

 

保育士関係の記事はこちら

 

 

www.tantandaisuki.com

 

www.tantandaisuki.com