ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

ゆとり世代のミニマリスト。ミニマリストネタを基本につぶやく雑記ブログです。

ゴミの処分について

 にほんブログ村に参加しました

http://www.blogmura.com/

こんにちは🌞

 

今日は朝の9時に起きて家に帰って溜まったゴミを車に詰めて、市の焼却場と埋め立て場に行ってきました。

 

 

こちらの二つの施設は自分がミニマリストを目指すに当たって何回も利用しました。

 

 

 

 

これらの施設のいいところと悪いところを書いていきます。

 

良いところ

 

 

片付けをしたいとき一気に処分できる。

 

 

 

断捨離するに当たって自分が心がけていることは捨てようと思ったら素早く大量に片付けるようにしているんですけど、週に1回で量も決められているゴミの日だけではどうも効率が悪くなります。毎日断捨離するのは体力的にも精神的にもキツイので、思い立ったら捨てれるようこれらの施設で大量に処分します

 

 

 

 

燃えるか燃えないかの分別だけでいい。

 

 

 

例えば新聞などをゴミに出すには紐で縛ったりしますし、燃えないものでも分別をしていかないといけないので不便です。こういった施設を利用すると持っていって捨てるだけなので細かい作業が不要です。ただし車とかに載せるのは一苦労です。

 

 

 

 

悪いところ

 

 

 

お金がかかる

まあゴミの日ではないときに処分してもらうのでお金はかかりますよね。うちの地域では10キロ51円です。この金額で部屋が綺麗になれば安いものだとは思いますけど、普通はかからないお金ですから、そこが良くないと思う方もおられると思います。 

 

 

 

車に載せて持っていくのが大変

 

 

これはたしかにそう思います。自分は男で体力や力に自信があるのでなんとかなるのですが、普通に女性がするには大変ですね。あと、地域によっては車を持ってない方がおられると思います。その方は日頃からコツコツ捨てる必要がありますね。

 

 

 

ぱっと思いつくほど書いてみましたけど、一長一短ですね。自分みたいに車があって、一人でも処分する力がある人なら多くのゴミを処分することができる処分施設を使った方が早くて効率的なんですけど、それが出来ない人からすると大変な作業ではありますね。

 

自分も汚部屋出身だったのでミニマリストを目指そうとしたときに、多くのものを一気に短時間に捨てたかったのでこういった方法で処理して、1ヶ月もしないうちにベッドぐらいしかない部屋になりました。また家の大整理時期が到来したので、これからもこういう施設を頻繁に使うことにはなりそうです。

 

 

早く家からモノをなくすことは、物がたまりにくくなります。なぜかというと、モノが一気に無くなった部屋を見ると「この綺麗な部屋を汚したくない」という心理が働いて、衝動買いなどの無計画なモノを増やす行為をしなくなるといいます。   

 

しかし、少し減らしたぐらいでは「また掃除すればいいか」と思いモノが減らない部屋になります。  自分は何回も分けて捨てるなら少ない回数でまとめて捨てたほうが、効果的だと思うので実行しています。

 

モノがすぐなるなると行動的になれ、余裕を持った人間になるので断捨離は必要だと思います。

 

 

明日はゆっくりしながら過ごしたいと思います。これにて終わります。

 

閲覧ありがとうございます