ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

ゆとり男とミニマリストの融合ブログ

ゆとり世代のミニマリスト。ミニマリストネタを基本につぶやく雑記ブログです。

ちきりんさんの炎上ツイートは何も間違いもないと思っている

 

みなさんちきりんさんってご存じですか?

 

結構ブログをしている人からすると「あ〜あの人ね生産性の!」という反応が返って来ると思います。

 

僕が読んでいるこちらの著書はちきりん節がものすごい押し出されていて、現在社会がいかに時間効率わるい(コスパが悪いこと)ことが分かります。

 

こちらの本に関してはA1さんの記事が本当深く掘り下げてくださりすごくわかりやすいです

 

okite.hatenadiary.jp

 

 

 

 

 

炎上したツイートとは?

 

 

f:id:fukai19930806347:20161226223506p:image

 

 

 

いかにもちきりんさんらしいツイートですね。

 

このツイートでも

自分にとって為になる知識(高い生産性)にならない授業を受けるくらいなら、旅をしてさまざまな経験(高い生産性)をしたほうがいい。

ということを伝えたかったのではないかと思います。

 

確かに自分でこの授業がためにならないのがわかっているのにあえてその授業を受けに行くって向上性のない馬鹿ですよね。

 

人生の残り時間なんて限られているのに自分のやりたくないことをなんとなくすることのコスパは非常に悪いです。

 

そしてこのツイートに対して

 

f:id:fukai19930806347:20170216114240p:plain

 

はい燃え上がりましたww

 

「それなら何のために大学行ってるの?」

「親のお金でいかせてもらってるのに何しとるの?」

「自分で選んだ道だろ?」

 

だいたいこんな批判が多かったですかね。

 

確かに経済的弱者の人からするとそんなこと思ってしまうかもしれませんね。

 

逆にこんなこと思うから経済的弱者で心が非常に弱い人間なんだろうと思います

 

こないだ書いたこちらの記事でも似たようなこと書きましたけど、単なる嫉妬です。

www.tantandaisuki.com

 

自分ができないことを妬んだり、批判するなんて自分が弱いですって言ってるようなものじゃないですか?

 

そんなことしている暇があるなら自分の力を伸ばすことに時間を使いたいです。

 

もはやそんなこと時間の無駄です。

 

まぁそんなこと言ってても僕も現在この記事をあんぽんたんに向かって書いているのだって時間の無駄かもしれませんけどww

 

一応文章の練習やアドセンスでの収入も生み出すことができるので批判だけしている人に比べたらマシではないかと思いますww

 

いろんな形の学校生活があってもいいではないか?

 

f:id:fukai19930806347:20170216115347p:plain

 

今の時代奨学金があるから行こうと思えば大学にいける時代です。

 

その分借金を背負ってしまいますが、だからといってもったいない精神で自分のしたくないことを無理にする必要なんて無いような気がします。

 

 

大学の一番いいところは自由でさまざまな選択をすることだと思っていて、自分のが身につけたい力を思う存分身につけることができる場だと思います。

 

実際に雇われて働いてしまうと時間に融通が効かなくなることもあるので、この時期だからこそいろいろなことに積極的に取り組んでいく必要があるのだと考えます。

 

ただちきりんさんは自分の力や感受性を高めるためにこういった行動をとっただけです。人によって何を優先するかなんて違いますから、自分の価値観を無理やり押し付けて違うっていうのはいかがなものだと思います。

 

自由だからこそ自分の脳力を上げることに徹することができる

 

f:id:fukai19930806347:20170216120236p:plain

 

コミュニティの中での人との関わりを得たいから大学にいくのもアリだと思うし、別に勉強に固執する必要なんてないと思います。

 

そして、大学の授業全部が自分の身になるようなモノではないとも思うし、自分のチカラを伸ばせるような授業を選択する自由だってあります。

 

 

 

ちきりんさんのツイートでは、受けたくない授業を受けるよりかは世界を旅するほうがいいというしっかりした考えを持って実施しているので別に何の問題でもないです。

 

 

ちきりんさんは自分に必要なことと必要じゃないことの線引きをしているからこそ、こういった行動ができるのだと思います。

 

あと海外を放浪するなんて社会人として働くようになったらなかなかできなくなるので(まあやる気になればできるけど)自由が利く学生のうちにするのも賢いなと思います。

 

 

大学は自由が利くのでなにしてもいいと思っています(犯罪はダメ!!)

 

僕は教科の勉強だけを目的にしても疲れてしまいますので遊び方を学ぶのもいいと思っています。

 

ほどよく遊べる人間のほうが職場でもチカラになりやすいですし、パフォーマンスを発揮しやすいと考えています。

 

実際にプライベートの時間のほうが人生総合的に見て多いわけですからそこをいかに充実させることも大切ではないかと最近考えるようになりました。

 

仕事や勉強が大半のメモリーを占めていることが多いのでこの学生生活で自分のこれからのライフスタイルについて考える必要があると思います。

 

 

さいごに・・・

 

 

結局こういった自由の主張に反対している人って、視野が狭く、他人に対して寛容ではないと思います。

 

 

僕なんて「こんな意見があるんだぁ〜」って思っただけでした。

 

人は人ですからね。肯定はしてもむやみやたらに相手を批判する人間にはなりたくないですね。

 

相手を理解できないのは自分が単に知らないだけだから。

 

www.tantandaisuki.com

 

 

 

 

授業にしてもそうですが、

人生いいとこ取りするようにいきていきたいですね!

 

とりあえず、自分がいかに幸せに生きていけるかを日々追求することが大切でその過程の中で自分や他人を否定することを減らしていきたいですね。

 

これにて終わります。

閲覧有り難うございました。