ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

ゆとり男とミニマリストの融合ブログ

ゆとり世代のミニマリスト。ミニマリストネタを基本につぶやく雑記ブログです。

メディアに取り上げられる理想の上司ランキングって糞だよな

 

こんばんは〜たんたんです。

 

タイトルに書いてあるんですけど世の中には「理想の◯◯」っていう単語が溢れかえっています。

 

よくテレビとかでも「理想の親子ランキング」や「理想の上司ランキング」とかやってますよね。

 

あれをよくみて思うのは

これ誰得だよ?

ってなります。

 

しかもそれにランキングをつけているあたり悪意を感じますね。

 

まあ製作者はそれに関してあまり考えてないとは思うのですが、やっぱり見ていて人にランキングとか順位をつけることは如何なものか?とは思います。

 

別に人の能力を図るテストやスポーツなどは順位がないと成り立たないものなんですけど、「理想の◯◯」にランキングを立てることって

そうではない人は悪というイメージを持ってしまいます。

 

そしてこういった特集を見た人からすると「◯◯さんはいいねぇ〜それに比べて僕は・・・」みたいな自己否定に繋がることもあります。

 

それをみて楽しいと思う人もいるとは思います。

 

けど変に理想を持ってしまってその理想を自分の大切な人に押し付けるようなことがあったら相手のありのままを否定することにもなります。

 

まず、他人に理想を求めること自体が間違えだと思う。

 

別に相手に理想を抱くのは勝手にどうぞ!って感じなのですけど、それを相手に押し付けるとなるとその人は悪だと思います。

 

それはその人の存在を否定することにもなり兼ねます。

 

そうなってしまうと相手の嫌なところにしか目が行かなくなってしまい、「なぜ私の言ったことができないの?」とか「私はこれほどしてあげているのに・・・」みたいなことを思ってしまいます。

 

これらの考えは自己中心的なものであり、それで相手を傷つけてしまいます。

 

そんな人が周りにいる人はできるだけ距離を置くなりの対応はすべきだと思います。

 

結局自分に火の粉が降りかかり火傷してしまいます。

 

相手に理想を押し付けるということは完全に相手に依存している状況です。

 

相手に依存しすぎると、相手が自分の気持ちに応えられなかったりすると相手を攻撃したり、心に傷を負ったりすることもあります。

 

いくら大切な人であろうと程よい距離感で関わっていくことが、人とうまく付き合っていくコツなんだと思います。

 

それは家族とかでも言えることで、一緒にいる年数が長くなれば長くなるほど依存度を下げていくのが理想的なんだと思います。

 

実際それがうまくいってないから

毒親や友達家族みたいなモノが生まれてるんだと思います。

 

他人に理想を追い求めるのではなく、なりたい自分の理想を追い求めろ!

 

僕は幸せにずっと生きていきたいです。

 

いきなりこんなことを言うのはあれですけど、僕がなりたい自分はずっと幸せに生きていける自分です。

 

その理想に向かって試行錯誤ですが、いろいろなことをしながら言わば幸せ探しの旅をしている最中です。

僕は今現在幸せに生きています。

 

好きな人と美味しいものを食べながら楽しいお話をする。したい仕事でお金を手に入れ自分のしたいこと(旅)をする。

 

今の時点でこれだけの幸せを手に入れています。これを現状維持をするとともにもっと楽しいことや面白いことを見つけていく人生にして生きたいと思います。

 

さいごに

 

僕は理想を他人にほんの少し求めるくらいならバチは当たらないような気もします。

 

あくまで「毎日ハグして欲しい」とか(笑)

 

相手に負担にならないくらいの理想を

少し求めるのが一緒に生きていく上で程よい距離感をつくりいいのではないかとは思います。

 

理想の◯◯に囚われず、

自分がこうありたいという姿を追求していけば、相手のありのままを受け入れることも出来るようになると思います。

 

一人人間として幸せに生きる権利があるので、その権利を十分に行使して幸せになるべきだと思います。

 

話がアッチコッチいって申し訳ないけど、これにて終わります。

 

閲覧ありがとうございます。