ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

ゆとり世代のミニマリスト。ミニマリストネタを基本につぶやく雑記ブログです。

大晦日の大掃除を一気したところで大した効果ない

f:id:fukai19930806347:20161214223938j:image

どうもたんたんです!

 

 

もう12月も中盤戦に入ってきました。

 

そうすると自然に意識は年末年始に向いていくと思います。

 

世間的には年末は大掃除をしなくてはいけない!!

 

という昔の風習か同調圧力か知らないですけど気持ちが持っていかれるのではないかと思います。

 

僕自身ミニマリストを名乗ってこのブログを書いているのですが、年末に中途半端な片付けをしたところで来年の同じ時期には今とそんなに変わらない状況になっていると思います。

 

 

 

日頃から掃除をする習慣をつける。

 

 

 

掃除をすることはいいことなんですけど、短い期間で忙しく掃除するのはどうも違うのではないかと思っています。

 

 

 

それなら毎日掃除をする習慣づけをして一気に片付けをすることがないように立ち回る方が労力も少ないのでいいと思います。

 

 

でも毎日大変な掃除をするのはキツイので毎日簡単に掃除ができるようにする必要があります。

 

そのためには断捨離をし、モノを減らした部屋を掃除することが楽に掃除できることだと思います。

 

大晦日は家を日頃から掃除しやすい環境を作るために断捨離に当てるのがいいと思います。

 

 

 

大晦日は捨てることに徹底しよう。

 

だいたいの家庭でする大掃除って窓拭き、整理整頓、床掃除とかがあると思います。

 

 

でもその程度ならすぐ汚い生活に戻ってしまうのでモノの絶対数を減らして掃除を楽にすることが綺麗な家を保つ秘訣だと思います。

 

 

結局モノが多いから掃除するのも大変になって手抜きになったりすることもあります。

 

 

そうなるくらいならものを減らして楽な掃除をするのが一番だと思います。

 

 

でもせっかく家族が家にいていつもより多い人数で掃除ができるのなら、窓拭きとか床掃除や整理整頓するよりもいらない大きなモノを処分することをオススメします。

 

 

日頃の掃除って一人ですることがおおいですけど、なかなか一人で捨てれないもの(昔の勉強机、タンスなど)は人がいるこの時期に捨てるのが効率いいと思います。

 

ぶっちゃけ窓拭きや床掃除や整理整頓なんて一人でもできますし、この日にする意味なんてないと思います。

 

この日に大物を捨てることができれば、来年からの断捨離も捗るのではないかと思います。

 

一回断捨離してモノが少ない家にしてしまえばこれからの掃除もしやすくなるし、大晦日だからといって慌てて掃除をする必要もなくなります。

 

さいごに

 

いろいろややこしくなったと思うのでまとめると・・・

 

大晦日に慌てて掃除をするぐらいなら日頃から掃除をする習慣をつける。

 

その習慣づけをするにあたって簡単に掃除ができる環境作りをする。

 

そのためには断捨離をしモノの絶対数を減らす。

 

大晦日は一人では捨てられないものを処分する。それをすることで効率よく断捨離が進められる。

 

断捨離が終われば、大晦日の掃除を慌ててする必要もなくなるし労力を使わなくなる。

 

となります。

 

年末年始なんてゆっくり過ごしたいのに大掃除という大仕事を毎年するなんてしたくありません。

 

だからといって汚いまま年を越すのも気分が良くないです。

 

なので僕が書いたこの記事を参考にしていただければ嬉しいです。

 

 

人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法

 
人生がときめく片づけの魔法2

人生がときめく片づけの魔法2