ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

ゆとり世代のミニマリスト。ミニマリストネタを基本につぶやく雑記ブログです。

【仕事術】介護の職場で評価されるためには最初の頑張りが全てだと同期を見て思った

 f:id:fukai19930806347:20161205221214j:image

こんばんわ。たんたんです。

 

僕は今から約2年前に彼女の紹介で今の仕事である介護を始めました。

 無資格で働き続けるのは気が引けたので働きながら講習に行きヘルパー二級の資格を取ったことは懐かしい思い出です。

 

就職して最初の方は上司について回っていて多くのことを教えてもらいながら日々精進していました。以前に保育の仕事と類似している部分もあったので流れをつかむのも早かったと思います。

 

その甲斐あり無経験ながら一年も経たず正社員に昇格することができました。

 次は国家資格である介護福祉士の資格所得に向けて日々勉強をしていきたいところですね。

 

www.tantandaisuki.com

 

他の部署では自分より一年以上先に入った先輩なのにまだ正社員になれていない人もいます。最初のスタートダッシュがいかに大切かわかりますね。

 

実際にその人は最初に上司に認めてもらえなかったので今現在もそれを引きずって非正規のままです。

  

正社員に昇格するまでは、ものすごいやる気をみせてアピールしまくっていたので思ったより早く正社員になることができました。

 

※そのせいで4月に部署異動をさせられましたww

 

www.tantandaisuki.com

 

ウチの施設では基本的に非正規も正規もする仕事の内容も変わらず、帰る時間も同じだったんで、ボーナスが倍以上増える正社員になったほうが得なんですよね。

 

責任が増えるといっても実際に現場で利用者様をみているのでそれだけでも重大な責任があります。

 

なので待遇のいい正社員になってゆっくり減速していくのが賢いかなって思いました。

今は仕事に慣れてきたので以前よりミニマムな労力で要所を抑えて仕事をするようにしています。

  

正社員になったことで自分のゆとりにもなり利用者様にもいいゆとりになっているのかなとも思っています。

 

同じ時期に入った同期は未だに非正規。

f:id:fukai19930806347:20170322222726p:plain

 

今僕が所属している部署には僕と同時期に働き始めた同期も一緒に働いています。

 彼は僕より年上で仕事に対する姿勢も今の僕の何倍もよく、さっさと仕事を終わらせてお茶をしている僕よりも素晴らしい人間です。

 

利用者様に対する思いも熱いものを持っていて男ながらあらゆることを利用者様にしてあげているのは単純にすごいなと思います。

 

彼は入社したときは資格も持っていて資格を持っていない自分を情けなく思っていたほどです。

 

世の中は本当に不平等

f:id:fukai19930806347:20170322223033p:plain

 

 

でも今は彼は非正規、僕は正規。何でこうなったのでしょうか??

 

僕の一番好きなブロガーさんであるA1理論さんもよく「現場は優秀な非正規が回してるけど上層部は無能」と言っておられます。

 

確かにその通りで、働き者でもないし自由にしすぎている僕が正規で仕事に対して真面目な彼(同期)が非正規って本当に意味がわかりません。

 

本当なら彼が評価されるべきで僕なんでボロ雑巾同然ですからね。

 

実際に働いている時間や内容は全く同じなのに僕のほうが給料が多いですしボーナスだって10万以上違います。

 

本当理不尽な世界です。早く同一賃金の導入をしてください。

同じ人間だろうに・・・

 

僕は最初の印象が良かっただけ

f:id:fukai19930806347:20170322223749p:plain

 

僕らは同期ということもあり比べられることが多かったと思います。

 

別に僕は出し抜いてやろうという気持ちは全くなく、自分がいかに短い時間で正社員になろうとしていうことだけを考えていました。

  • 意欲を示す(わからないことはすぐ聞いてすぐ身につけようとする)
  • 堂々とする
  • コミュニケーション魔神になる

この3つを主に心がけて早いステップアップを狙いました。

 

もちろん正社員になった今では大減速し自分のペースで仕事をするようになりましたけど、あのときは仕事をなるべく早く覚えて戦力になるためにはどのようなことをすればいいかということだけ考えていました。

 

その意識高い系男子を演じていたおかげで早い段階でいろいろな仕事を任してもらうことができある程度の信頼に繋がることができたと思います。

 

いまでは見る形もないですけど、あの時だけば頑張っていましたww

 

 

一方彼は僕がスタートダッシュを決めている中出遅れてしまいそれを今も引きずっているかもしれません。

 

今現在でも高いモチベーションを持って仕事をしていて、本当に働き蟻のようです。

 

要は最初が一番の勝負だった

f:id:fukai19930806347:20170322223856p:plain

 

最初の印象って本当大切です。

僕みたいに最初に頑張りさえすれば、後に一気に楽になります。

 

でも過剰にアピールとか嘘とか言ってしまうと異動とかしたくもない出世に巻き込まれることがあります。

 

しかし最初の頑張りは周りの人とうまく付き合っていくことにもつながりますのでするに越したことはないと思います。

 

せっかく自分の好きな仕事を見つけたのに最初の行動によって評価されずに周りの信用を得られないことって本当に辛いことですからね。

 

特に彼はたまたま同期である僕と同じ部署で働いていたのでそれも悪い方向へ行ってしまったのだと思います

 

 

 

さいごに

 

結局仕事ができる出来ないとかじゃなくて目的に向かってどんな行動をしたかだったかもしれません。

 

本当ならその人がした成果に応じて報酬が入るべきなんですけど、日本の企業ってだいたい「どれくらい努力したか??」ということを重視する傾向があります。

 

介護士としての資質はあきらかに僕より彼の方があると思いますし、仕事に対する気持ちも彼が強いです。

 

でも僕はどういった働き方がしたいかを明確にして効率よく行動できたので今の姿があるかもしれません。

 

あと同じ部署に彼女がいて情報収集できたのが大きかったですねww

 ここはミニマリスト的な考えですけど、全てに全力で挑むとコストパフォーマンスが悪くなる傾向があるので一極集中型でいいと思います。

 

ここで得られた結果のおかげで幸せに近づけていますからね。

 

雇われて働いている以上職場のニーズに応えながら自分らしい働き方を見つけていくことが大切だと思います。