ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

ゆとり男とミニマリストの融合ブログ

ゆとり世代のミニマリスト。ミニマリストネタを基本につぶやく雑記ブログです。

出雲の温泉【らんぷの湯】は1度は行って欲しいオシャレな温泉です

f:id:fukai19930806347:20161128215956j:image

こんばんは〜たんたんです。

 

昨日、半年ぶりぐらいに温泉に行ってきました♨️

 

 

昔から温泉が好きで暇あれば近所の温泉に浸かりに行っていたほどです。

 

 

いつも1時間半〜2時間ほどつかり、ええ感じのゆでダコになったら上がります

 

f:id:fukai19930806347:20161128220202j:image

 

 

今回は出雲市駅から徒歩3分ぐらいの場所にあるらんぷの湯に行ってまいりました!

 

 

もちろん露天風呂でサウナ付きです!

 

らんぷの湯の特徴と健康効果

 

らんぷの明かりが特徴の浴室は癒しの効果バツグンです。

 

 

ランプの明かりなので少し暗めですが、それが逆によかったです。

 

f:id:fukai19930806347:20161128220946j:image

 

ゆったりと時間を忘れてしまい気づいたらゆでダコになっていました。

 

 

露天風呂に出ると、竹林を眺めることができます。

 

 

耳をすますと電車の音が・・・

なかなか趣がありますね。

 

 

f:id:fukai19930806347:20161128220907j:image

 

 

地下1800メートルから湯を引き上げており、湯脈から引上げたお湯は鉄分を多く含んだものらしいです。

 

 

 

効果としては神経痛・筋肉痛・慢性皮膚病・婦人病等20種類もの効能がある湯になっています

 

 

 

たんたん流温泉の入り方

 

 

①体を洗ってから浴室の温泉につかる

(体はよく洗いましょう(笑)タオルもつけないでね)

 

②少しタコ🐙になったら露天風呂に移動。

 

③木製のリゾートチェアで体を冷ましながら景色を楽しむ

 

 

不二貿易 デッキ チェア VFS-GC29JP グリーン 79498

不二貿易 デッキ チェア VFS-GC29JP グリーン 79498

 

 

こんなの↑

 

④露天風呂に入りほっこりする

 

⑤冷水で体を冷ましサウナに

 

⑥サウナから上がったら外の水風呂につかる。

 

以下は③〜⑥をひたすら繰り返します(笑)

 

途中で水分をとったりしながら脱水には気をつけてはいます。

 

何より外で熱を冷ましたあとで入る露天風呂が最高なんです❗️❗️

 

まわりに人がいるのに「ふぁ〜」みたいな声を出してしまい引かれてしまうほどです(笑)

 

 

でも温泉に浸かっているときって

本当に幸せでポジティブな気持ちになぜかなるんですよね。

 

「今度はどんな楽しいことしちゃろうかな?」

「美味しいものを食べに行かないとな(笑)」とかワクワクした気持ちになるんですよね。

 

さいごに

 

基本僕は仕事後には温泉はいかないです。

 

何故なら温泉に浸かることはリラックスはしますけど疲れちゃうんでブログ書いたり本読んだりの夜の時間がとれなくなるんですよね。

 

その分休日の温泉は心ゆくまで楽しめますし、体力も残るので他のことにも力を注げて僕はそっちのほうがいいですね。

 

今の僕って

美味しい食べ物と好きな人と本と温泉などの娯楽があれば楽しく生きていける人

なので、毎日がエブリデイですね(笑)

http://www.tantandaisuki.com/entry/2016/11/28/202821

 

今回は温泉を紹介しようとしたんですけど、自分の好きなことを書いただけの記事になってしまいました(笑)

 

でもそっちのほうがいいので、これで投稿させてもらいます(笑)

 

閲覧ありがとうございました!