ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

ゆとり世代のミニマリスト。ミニマリストネタを基本につぶやく雑記ブログです。

最近彼女と行った旅

 

更新遅くなってすいません!

 

今日は彼女の家でご飯をご馳走になり、いろいろ話していました。

 

ちなみに前回の記事はこちら↓

ミニマリスト予備軍たんたんの成長物語

よくご馳走になるので本当に感謝感激ですね

f:id:fukai19930806347:20161026233850j:image

 

もう少しでブログ開始から1ヶ月たつので・・・思うことでも

一応毎日欠かさずブログはかいているんですけど最近PVが伸び悩んでいます(笑)

 

そりゃ自分の書きたいことを書いて読み手のことを無視した自己満ブログなので仕方ないですが(笑)少し寂しいですね。

 

ブログで稼ぎたいわけでもなくて、ブログを書いてストレス解消したいという目的があって、いまのところそれは達成できてるので、ブログを始めて本当に良かったとおもいます。

 

文章力や読み手を意識した書き方は更新していくうちに培われていくと思っているので、いまのところは自分が書きたいように書いています(*゚∀゚*)

 

ブログを始めていろいろな人の記事をみるようになったのですけど、どの記事も文章が上手で読み手のことを考えています。内容もすごく面白くて、勉強がてら楽しんで読ませていただいています。

 

一応ブログをタイトルどうり【成長物語】なので多めにみて読んでいただきたいです。

 

長くなりましたけど本題にはいります

 

随分前置きでいろいろ語ってしまい、この記事で何が書きたいか分からなくなるので書いていきたいです(笑)

 

今回も彼女からのお題を【私と行った場所について】のお題をもらいました。

 

付き合って二年以上たつのであらゆるところに行ってきたので、一番最近に行った宮島について書いていきます。

 

 

ご存知だとは思いますが宮島は広島県廿日市にある島です。本土へフェリーで行きます。松島、天橋立と並び日本三景のひとつでございます。 年間300万人超える観光名所です。島内にある厳島神社世界遺産に登録されています。名物は牡蠣、もみじ饅頭があります。

 

f:id:fukai19930806347:20161027000140j:image

f:id:fukai19930806347:20161027000208j:image

 

自分達は平日に宮島に行ったのですが、外国人や県外からの観光客で賑わっていました。

 

あと宮島といえば

野生の鹿もそこら辺中にいます(笑)

f:id:fukai19930806347:20161027000453j:image

 

このときは八月だったので、天気も良く厳島神社の景色はさいこうでした。

f:id:fukai19930806347:20161027000553j:image

潮の満ち引きによってはあの大鳥居まで歩いていけるようなのですが、時間の関係でそれができなかったです(涙)  是非、時間のある方は夕日に照らされた厳島神社もみてみてください!

 

厳島神社を散策したらロープウェイに乗って弥山に景色を見に行きました。

弥山とは昔かの有名な伊藤博文が「 三景の一の真価は頂上の眺めにあり」と絶賛した山だといわれています。

そして、弥山には七不思議があり

 

消えずの霊火(きえずのれいか)
大同元年(806年)、空海が宮島で修行をした時に焚かれた護摩の火がおよそ1,200年間、昼夜燃え続け、元火の絶えない霊火。不消霊火堂(きえずのれいかどう)にある。大茶釜の湯は、万病に効く霊水と言われている。広島平和記念公園の平和の灯の元火の一つとなった。
干満岩(かんまんいわ)
大きな岩の側面に開いた小さな穴で、その中の水は海の潮が満ちると溢れ、潮が引くと乾くと言われている。
曼荼羅岩(まんだらいわ)
弥山本堂の南側に数十畳の大岩があり、弘法大師が筆したものを、石面に梵字と真字で「三世諸物天照大神宮正八幡三所三千七百余神云々」と彫り込まれている。
錫杖の梅(しゃくじょうのうめ)
弥山本堂のすぐ脇の梅の木で、弘法大師が立てかけた錫杖が、根を張り八重紅梅が美しく咲き始めたといわれている。また弥山に不吉な兆しがあるときは咲かないともいわれている。
時雨桜(しぐれざくら)
晴天の日でも、この桜の木の下だけは時雨のように露が落ちていたといわれる桜。現在は枯れてしまい現存しない。
龍頭の杉(りゅうとうのすぎ)
旧正月元日の夜から6日間、宮島周辺の海面にたくさんの灯火が現れる。これを「龍灯」といい、この龍燈が最もよく見えた弥山の大杉が龍灯杉と伝えられていた。現存していない。
拍子木の音(ひょうしぎのおと)
人気のない深夜に拍子木の音が聞こえると言われ、天狗の仕業だろうと伝えられている。

 

とあります。ちなみに展望台からの眺めは

f:id:fukai19930806347:20161027001506j:image

こんな感じで海の透き通った色がよくみえて素敵でした!

 

 

弥山を降りた後は

食べに食べ物街みたいなところで、牡蠣屋を見つけたのでそこで食べました!

f:id:fukai19930806347:20161027001734j:image

f:id:fukai19930806347:20161027001754j:image

 

もうこれが絶品で絶品で

 

また行ってみたい味でしたね!

 

牡蠣を食べたらまたフェリーに乗り帰りました!

 

宮島の旅で思ったこと

 

この旅は彼女と以前から行こうと思っていて、少し下調べして行ったのが本当良かったです。でも山に登ったり長い距離歩いたりするので、動きやすい格好で行くのがオススメです。

 

あとやっぱり旅は好きな人と行くのが一番楽しめると思うし、思い出にもなりますからね!

 

今回は彼女が一緒についてきてくれたから楽しめたわけで、一人で行ってもそこそこは楽しめるけどその楽しみを共感してもらえないと虚しくなると感じた旅行でもありました。

 

これからもいろいろなとこに行って多くの思い出を作っていきたいです。またその時にはブログを更新しますので(笑)

 

これにて終わります

閲覧ありがとうございました