ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

ゆとり世代のミニマリスト。ミニマリストネタを基本につぶやく雑記ブログです。

【私服の制服化】介護士や保育士のジャージを辞めないかと声を大にして言いたい

ファッション

どうもたんたんです。

皆さんの仕事服ってどういったものですか??

工場や土木関係の人ならつなぎを着たり、職場によっては専用のユニフォームがあると思います。

 

その中で僕の職場は基本的にどんな格好をしても大丈夫です。結構他の介護施設の人を見ると背中に施設名がでかでかと書いてあるポロシャツだったりをよくみます。

 

その中で今回は福祉に勤めている方に多いジャージという服装に関して書いていきたいと思います。

 

何で保育士や介護士はジャージなのか考えてみた。

f:id:fukai19930806347:20170412191411p:plain

街で歩いているジャージ女性の保育士、介護士率は異常です。それほどこれらの職業にジャージが溢れかえっているのですが何故このような事になったのでしょうか??

 

  • 体を動かすことが多い
  • 比較的軽いので負担にならない

と言った理由が考えられまとめると機能的だから着るということになりました。あと、「福祉業はジャージ」と声を大にしていった人がいたかもしれませんね。よくわからないけど。

 

どんな服を着ようが個人の自由だけど・・・

f:id:fukai19930806347:20170412191446p:plain

最初に一言書くと服装が自由なのでどんな格好してもいいです。

そりゃ赤の他人が服装について「これ着ちゃダメ!」みたいなことを言うのは良くないし今回書くことを強要するわけではありません。

 

しかし仕事終わりにどっか寄ったりする際にガチガチの仕事着で行くのはなんか気が引けてしまうことはありませんか??ジャージで街をうろつくのは僕は絶対にしたくありません。

 

僕は福祉の仕事をしている関係で街の中をジャージで歩いてる人を見つけたら「今仕事帰りなんだな・・・」って思います。

 

それが別に悪いことではないのですけど人によってはそう思われることが嫌な人がいると思います。

 

私服っぽい格好で仕事に行こう

f:id:fukai19930806347:20170412191533p:plain

僕は基本的に街を歩いてもダサいと思われない格好をしようと意識しています。たかが仕事なんですけど仕事服も自分のモチベーションに関わってくるので自分が納得した服が着たいところがあるんだよね。

 

僕にとってのジャージって寝間着っていうイメージがあって寝間着を着て職場に行くことに抵抗がありました。

 

仕事だからといってわざわざ自分が気に入らない格好で行く意味がわからないです。

だからこそ服装に制限がなかったら私服に近い格好で行ってみることはモチベも上がるのでオススメですよ。しかも帰りにどっかによることもためらいません。

 

もっと私服の制服化を広めていこう

f:id:fukai19930806347:20170313134553p:plain

私服の制服化は本当楽だ。僕は黒スキニーを仕事と私服に使っています。仕事用のボーダーも上になんか羽織ると一気におしゃれになる。

 

UNIQLOの黒スキニーは私服の制服化を一気に加速させてくれる万能アイテムだ - ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

 

黒スキニーやデニムは両方に対応しやすいのでオススメだ。制服の私服化ってミニマリストぽくて難易度が高いように思えるが本当に来たい服を厳選していけば気づいたらなっている。

 

毎日好きな服を着たいという気持ちはあると思うので私服の制服化をして無駄な服を減らしつつ好きな服だけを着る毎日にしよう!!

 

さいごに・・・

最初の方に書いたようにどんな服を着るかは自由なので自分の好きな服を着ていただけたらいいです。あくまで僕は私服の制服化をして良い感触なのでオススメしているだけです。

 

福祉職のほとんどがジャージで「本当に納得して着ているのかな??」って疑問になったので当記事を作成しました。

 

もし良かったら私服の制服化を取り入れて好きな服を職場で着る心地よさを味わってほしいです。

 

おわり。

 

既婚者は嫁ブロックによって新しい事にチャレンジできない問題について

子育て、保育

どうもたんたんです。

僕は23歳の独身なわけなんですが既婚者ってものすごく大変ですよね。 家族を持つという幸せがあるのはもちろんあるのですが、そのために自分自身のやりたいことを我慢せざるを得ない状況になってしまうという話もよく聞きます。

 

そのなかでよく上げられるのが現在の職から転職する際に受ける嫁(夫)ブロックだと思います。家族を持ってしまうとなかなかリスクを冒してチャレンジすることが出来ないです。もちろん給料が上がればそれでいいのですが、一定の研修期間や資格取得のための時間が必要な仕事だったら家族が窮地に陥ってしまうので選択を渋ってしまうことがあります。

 

家族を持つということは責任が出てくる

f:id:fukai19930806347:20170412120411p:plain

背負うものが増えるということは幸せなことでもありますけどその分自分自身にかかってくる責任が増えてくるんですよね。「俺が家族を養っていかなくちゃ・・・」とかそいうった意識が芽生えてくるのでそれに付け込んだ企業に搾取されてしまうことだってあります。

 

事業を拡大させている企業では既婚者を家から遠い場所に転勤させたりやりたい放題です。しかし養う家族がいるから辞めるわけにも行かず消耗させられてしまいます。

 

こう書いていると家族を持つということが損という話になってきますが、ボク個人としては少子化対策としての面だけでなく大切な人と過ごす時間を持つということが幸せに生きることになってくるので家族は自分の幸福的にも社会貢献という意味でも素晴らしいことだと思います。

 

ただ子育てに関する社会保障の充実してなさが家族を窮地に追いやっている

f:id:fukai19930806347:20170412120436p:plain

大体の人がお金があれば結婚して子どもを作りたいって思っていると思います。実際に共働きをしながら子どもを保育園に通わせるとなると保育費を稼ぐために働くということになってきます。

 

子どもを1人育てるだけで莫大なお金がかかってしまうこの国では子どもを作ることをためらってしまいます。実際に少子化って今現在に始まったことでなくもっと前の世代から課題になっていたもので、たいした対策を講じず放置した結果が今に当たります。

 

景気が悪いと行ったこともあり各個人に入る給料も下がる一方で国に収めるお金の額は年々増えているという意味不明な構造になっています。

 

税収が増えて給料は下がってもいいから公的サービスが比較的安い値段か無償で受けられる社会になればいいなと思っています。例えば・・・

  • 保育料の無償化
  • 学校に行く際の用品の支給(筆記用具や体操服など)
  • 介護に関する費用の負担を国が受け持つ

などライフスタイルを形成するにあたって自己責任で片付けるのではなくて転んだ時に大怪我をしない程度の保証は最低限つけるべきだと思う。

労働と子育てに納税と国にこんなに貢献しているのにリターンが少なすぎるような気がします。

 

新しいことにチャレンジできない問題

f:id:fukai19930806347:20170412120553p:plain

ここで本題に戻って既婚者が新しいことに挑戦しづらい環境はセーフティーネットが充実していないことがあると思います。新しいことに挑戦するときはどうしても家庭が苦しくなってしまうのでどうしてもストップがかかってしまう。

 

現実問題そうなんだけど、やっぱり生きているからには自分の好きなことをして生きていきたい。それが独身に出来て既婚者に出来ないのはやっぱり不公平なような気がする。「自分で選んだ道だろ」といえばそれで済むのかもしれないけど、結婚や出産のハードルが上がってしまうことはやっぱり良いことではない。
 
僕は以前子持ちについて批判していたのだが、余裕がなくなって周りに当たり散らかしてしまうような人が生まれたのは貧しさのせいだ。その人の人格問題もあるかもしれないが余裕が無いから周りを見ることができずに害悪と呼ばれる行動に出る。
 
 
現状に不満があるが貧しさのせいでそこから抜け出す勉強をしたりすることができなくなる。よく年収が高い人は低い人に比べて多くの本を読むというデータが上げられているがやっぱり自分の考えを構築したり深めたりすることは大切だと思う。
 
 
その過程を得て新しいことに挑戦するという気持ちが生まれて来る。自分で力を身に着けてどういった働き方をするのは自分次第みたいなとこがあるので嫁(夫)ブロックには屈さないでほしいと思う。
 
 

退職、転職が悪じゃない自分を高められるチャンスだ

f:id:fukai19930806347:20170412120654p:plain

僕の現在いる職場ではなかなか転職して介護の仕事を始めた人はあんまりいない。介護自体賃金が低いことも合ってわざわざ転職先に介護を選ぶ若者はいない。といっても僕は転職して介護に行ったのだが、転職してよかったと思った。

 

僕は保育と介護という仕事を経験しているので、実際の生活でそれらの場面にあったときに専門的な知識を身に着けているのでめっちゃ役立つと思う。

 

介護と保育って日々の生活への結びつきが強いので両方の知識をつけると役に立つことは多い。それは僕のスキルであってこういった役に立つスキルはどんどん身につけたいと思う。

 

そのためにはずっと同じ仕事をするのはやっぱりどうかと思う。僕みたいに若い人は多くの経験をして将来に結びつけて欲しいという思いがある。

 

その過程の中で自分の強みを見つけ、伸ばしていって欲しい。今は便利な世の中で本一冊買えば自分の強みが分かるので是非ストレングスファインダーを実施して欲しい。

 

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

 

 

ストレングス・ファインダーにて自らの才能をいち早く見つけ生産性を高めよう! - ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

 

転職は自分の新しいスキルを身に着けるチャンスになってくるのでどんどんやっていけたらいいようなきがする。その中で天職を見つけることが出来たらそれで万々歳なのだ。

 

若い頃から人生を決めつけるのはまだ早いようなきがする。

 

さいごに・・・

 

だんだん趣旨とずれてきているようなきがするのでまとめると・・・

  1. 家族をもつことは責任が出てくるのでうかつな行動ができないと思いこんでしまう。
  2. でもそれは社会のセーフティーネットが充実していないだけ。
  3. 新しいことにチャレンジしないと生きる力が身につかない。嫁(夫)ブロックを恐れていたら現状は打破できない
  4. 自分の強みを知って伸ばしていこう

 

という感じの構成になりました。これからの時代どうなっていくか不透明なところはありますが、シンプルに幸せになるためにどうしていけばいいかを考えることがいいかもしれませんね。

 

これにて終わります。閲覧ありがとうございます。

 

 

ストレングス・ファインダーにて自らの才能をいち早く見つけ生産性を高めよう!

ミニマリズムを深める

どうもミニマリストのたんたんです。

いきなりで申し訳ないですけど皆さんは自分の強みを知っていますか??

何故そういったことを聞いたかという生きていく上で自分の強みを知ってそれを伸ばすことが幸せに生きていくことに繋がるからです。

 

このブログを読んでくださっている殆どが社会人で雇われて働いている人がほとんどだと思います。日々の仕事に精一杯取り組んでいる中で自分の力を伸ばす努力は常に行っていかなければなりません。

 

そういった中で今回僕が実施したストレングス・ファインダーはこれからの時代を進んでいく人には必ず受けていただきたいと胸を張ってオススメします。

 

 

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

 

 

ストレングス・ファイターとは??

f:id:fukai19930806347:20170411004312p:plain

 

ストレングス・ファインダーとはある一種の性格診断みたいなものでアメリカの世論調査と組織コンサルトをしているギャラップ社が「弱みを改善しようという意識よりも自分の強みをさらに伸ばすことが大切」という前提のもとで開発されたツールです。

 

内容としてはWebサイトにある177の質問に答えることによって自分の5つの特性を出してくれます。

 

ちなみに能力の数は34個ありその中から自分に当てはまる才能を5つ出してくれるので同じ性質を持った人間が現れる可能性が限りなく低いです。

 

才能とは??

f:id:fukai19930806347:20170411004403p:plain

皆さん才能って聞いてどういったイメージを持ちますか??

一部の人間が力を爆発的に発揮して成果を上げる人間がイメージできると思う。仕事とかをしていても「あいつ◯◯する才能あるな」と思ってしまうことはみんなが経験することだと思う。

 

こういったふうに才能とは一部の限られた人に神様が与えた贈り物だというイメージはないだろうか??

 

ストレングス・ファインダーの著書を見るとそういった思考は完全に消え失せる。

本書の前書きの部分にこういった記述がある

1、人の才能は一人一人独自のものであり、永続的なものである

2、成長の可能性を最も多く秘めているのは、一人ひとりが一番強みとして持っている分野である。

こちらのことが大前提で本書は進められている。そうやって考えると世の中に才能があると言われている殆どが自分の強みを知り意識的に伸ばそうとしているということが分かる。

 

才能というものはその人の行動のパターンからくるものであると定義され、人それぞれに持っている力が違う。SMAP世界に一つだけの花にある「元々特別なオンリーワン」という言葉はあながち間違えではない。

 

 

自分の才能に気づくことの大切さ

 

f:id:fukai19930806347:20170411004431p:plain

こちらのストレングス・ファインダーはブロガーの間でとても人気なんですよね。ブロガーって自己肯定したい気持ちが強い人が多いので自分に自身を持つと行った意味でもこの検査をして自分を高めていくという思考になっていくんですよね。

 

ブログをすること自体、自己肯定感が高い行動だと思う - ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

 

こちらの著書ではいわゆる人生を成功したものは弱みを克服することよりも強さを活かしていく方向にシフトしたから成功したということです。

 

確かに先日結婚を発表した佐々木希だって綺麗でいることに多くの労力やお金を注いだ事によって成功者の人生を送ることが出来ています。佐々木希は自らの強みである美貌に気づきそれを伸ばしていったことによって成功を得たと思います。

 

しかしほとんどの人が自分の強みについて理解していない人が多く、言わば宝の持ち腐れになっていることが多いような気がします。

 

 

今回実施したストレングス・ファインダーは自分の性格を把握するお手伝いをするようなツールでそのうちに秘めた力をどのように活かしていくかということが書かれています。いくら才能があっても気づかなかったら意味がなくなるのでまずは気づくことが大切なような気がします。

 

普通の占いや性格診断と違ってストレングス・ファイターは多くの成功者からデータを取ってその行動パターンを検証して弾き出す五つの特性は信憑性が高い。才能は自分の性格と強い結び付きがあるので自分を知るということは自分の才能を知るということになるからだ。

 

 

強みを高めたほうが人生のコスパが上がる

 

f:id:fukai19930806347:20170411004754p:plain

よく職場では間違えのない人材育成が当然のように行われています。よくにいるバランス型を大量生産しようとしているので結果がなかなか伴わないということもある。そうなるとそういった仕組みからの脱却を図っていく必要がある。

 

自分がする仕事だって自分に合ったものがいい。人との関わりが苦手な人が営業をしたり逆に人との関わりが得意な人が事務をしたりそういったものはもったいない。

 

それより自分の強みあること伸ばして、一番パフォーマンスを発揮できる環境に身をおいたほうがいいに決まってる。人生を満足高いものにしていく上でも自分の強みを高めて正しい方向の努力をした方がコスパが高い。

 

別に弱みを切り捨てなくてもいい、でも弱みに重みを置くより強さを伸ばすほうが圧倒的に楽しい。

 

本書のトリセツ

f:id:fukai19930806347:20170411004844p:plain

こちらの本は読んでいけばいつ診断をすればいいか書いてあるしそれに従って問題ない。しかしまだ診断を受けていない人用に説明する。

 

  1. 1〜3章を読み才能の定義についての勉強ストレングス・ファインダーの使い方を学ぶ
  2. 本書の最終ページについているアクセスコードを使用しストレングス・ファインダーの検査を受ける(一人のユーザーしか使えないので絶対に新品を買う)
  3. 検査が終わったら自分の特性が出てくるので4章が辞書なのでその強みを調べる。
  4. そして才能の活かし方についての項目を読む

だいたいこの流れでいいと思う。最後の方は多くの部下を持つ人は必読で部下の才能の活かし方が書いてあり、そうではない人は別に飛ばしても問題ないように感じます。

 

ここで得た自分の特性を活かすか生かさないは自分次第なところはあるけど、検査が終わったらなんか腑に落ちた感じがあって「確かにそうだわ」って気付かされたことが多かったです。

 

たんたんのストレングス・ファインダーの結果

 僕もこちらのストレングス・ファインダーの診断をやってみて5つの資質がわかりました。

  • 最上思考
  • コミュニケーション
  • 社交性
  • 指令性
  • 目標志向

こちらは上に行くほどその傾向が強いことを表しています。

以下から順にこちらの強みの説明と僕という人間がどう当てはまっているのか書いていきたいと思います。

※引用が多くなります

 

最上志向

優秀であること、平均ではなく。これがあなたの基準です。平均以下の何かを平均より少し上に引き上げるには大変な努力を要し、あなたはそこに全く意味を見出しません。平均以上の何かを最高のものに高めるのも、同じように多大な努力を必要としますが、はるかに胸躍ります。自分自身のものか他の人のものかに関わらず、強みはあなたを魅了します。真珠を追い求めるダイバーのように、あなたは強みを示す明らかな徴候を探し求めます。(以下省略)

 

こちらの最上志向を持つ人ってブロガーやミニマリストに多い印象があります。僕に関してももの凄く当てはまっております。

 

僕自信がこの本を手にした理由も自分の強みを最大限に活かして優秀な結果を生み出したいと思ったからです。基本的に自分が気に入らないことには全く努力をしない人間であって自分が好きなことしか本気なれない人間です。 

 

弱さに対しても最低限は良くしようと努力をしたりはしますが自分が今現在やりたいことに対して全力を注ぎます。仕事とかにしても質の高いサービスを追求しています。

 

悪く言えば弱点に目を背けている状態なんですけど弱点を克服するのってとてもしんどいので自分の好きで得意な分野を伸ばそうと邁進しています。

 

実はこの診断をする前から最上志向が来ることは予想できました(笑)

 

コミュニケーション

 

あなたは説明すること、描写すること、進行役を務めること、人前で話すこと、書くことが好きです。単なる「アイデア」を取り上げ、イメージと具体例と比喩を使っていきいきとさせます。あなたは、たいていの人はひとつの事柄に対し、長く関心を寄せ続けることが難しいと思っています。ですからあなたはあなたが伝えたい情報を、それがアイデアであろうと、事実であろうと、製品の特性や特徴、何かの発見、あるいは教訓であろうと、人々の心に残したいと考えます。あなたは彼らの関心を自分に向けさせ、とらえて放さないようにしたいと思っています。あなたが、最適な言い方を探そうとするのはこのためです。あなたが、ドラマチックな言葉や力強い言葉の組み合わせを使おうとするのは、このためです。人々があなたの話を聴きたがるのはこのためです。あなたの言葉で描かれたイメージは彼らの興味をそそり、彼らの見方を刺激して行動へと啓発するのです。 

 

コミュニケーション大好き人間な僕を表している特徴だと思います。

実際に僕は会話をするにあたって相手にどう自分に興味を持ってくれるかということを強く考えています。そのためにはこちらで書いてある自分という存在を心に残す必要があるわけで多くの会話の引き出しをもって相手によって使い分けています。

 

しかし僕自身会話で主導権を握りたいとかそういったことはなく、会話そのものを楽しみたいという願望が強いです。そして会話から相手の好意を得たりすることが非常に快感なのです。

 

逆に僕は自分が興味がない事柄に関しては適当に流したりしてしまうので自分がコミュニケーションで力を発揮するのは自分の好きな話題や人のときだけなんですよね。なので仕事のときの会話なんて極力したくないです。これはさっきあげた最上志向傾向もあるので自分が好きなことしかこの力が発揮されないと考えました。

 

社交性

社交性はほかの人を魅了することにつきます。あなたは知らない人と出会い、彼らにあなたを好きにさせることに挑戦するのが大好きです。あなたは知らない人を怖がることがめったにありません。むしろ、あなたは見知らぬ人に元気付けられます。あなたは彼らに惹かれるのです。あなたは彼らの名前を知り、質問をし、共通の関心事をみつけ出し、それによって会話を始め、関係を築きたいのです。話題が尽きることを心配して、会話を始めることを嫌がる人がいます。でもあなたは違います。あなたは何を話せばよいかを常に心得ているだけでなく、知らない人に近づくことを本当は楽しんでいます。なぜなら、はじめの一歩を踏み出して人との関係を作ることから、あなたは大きな満足を得るからです。そして一度そのような関係ができ上がると、あなたはそこでそれを終わりにしてまた次の人へ進みます。これから出会う人は大勢います。新しい関係を築く新たな機会があります。これから交流を持つ新しい人の群れがいます。あなたにとって友達でない人はいません。ただ、まだ会っていないだけなのです。たくさんの友達に。

 

これもの凄く当てはまります!!

実際に僕はどんな人とも積極的にコミュニケーションを取りに行くことが出来ます。初めて合う人でも躊躇なく話しかけその日のうちに一緒に食事に行くこともよくあるくらいです。

 

僕がゲストハウスが好きなのもこういった関わりができるからであって新しい人とどんどん知り合っていきたいなと思っています。浅くて広い付き合いが一番心地良いです。

 

尾道の宿泊は2000円代のゲストハウスがオススメ!! - ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

コミュニティーの形成はこれからの時代最も大切になってくることだと思っていて、僕がこうしてブログで発信しているのも仲間を集めるためなんですよね。

 

さっき書いたように会話の引き出しも多くあるので会話が途絶えることの不安もないし逆に楽しんでいます。この強みは小さい頃から顕著に現れていて未知らないおじさんとかに話しかけてちょっと問題になったこともありました。

 

 

指令性

「指令性」という資質によって、あなたは主導権を握ります。ほかの人と違い、あなたは自分の考えを他人に強く主張することを苦痛とは感じません。それどころか、ひとたび考えが固まると、あなたはそれをほかの人に伝えずにはいられません。そしてひとたび目標が定まると、あなたはほかの人をそれに同調させるまで安心できません。あなたは対立に怯えることはありません。ほかの人は不愉快な状況に立ち向かうことを避けようとするかもしれません。ところが、「事実」や「真実」がどれだけ不愉快なことであろうとも、それを示さなければならないと感じます。あなたは、課題が人々の間で明確に理解されていることを求めます。従って、あなたは人に、偏った考えを持たず正直であることを要求します。あなたは彼らにリスクに挑戦することを迫ります。彼らを怖がらせることすらあるかもしれません。これを嫌って、あなたのことを頑固と呼ぶ人もいるかもしれませんが、人々は、立場をはっきりと示し、周りの人にもある特定の方向に向けて行動するように求める人に魅力を感じます。だから、人々はあなたに惹きつけられるでしょう。あなたには強い存在感があります。あなたは「指令性」を備えた人です

 

僕自身結構自己主張をするタイプです。思ったことや間違っているということは追求していきます。そこに最上志向も加わってくるので質の高いものを求めるために自分の思っていることを主張することはあります。

 

かといって自分の意見が全て正しいといったことは全く思ってはおらず、お互いが自分の意見を主張して噛み合わせていくということが人間関係にいて重要だと考えています。お互いの要望を上手に噛み合わせるには自己主張するしか無いと思っています。

 

こちらの指令性の特徴は半分合ってて半分違う感じですかね。基本的に僕は他人に何かしらを要求するようなことはありません。どちらかと言うと自分のペースでできる仕組みを作るほうが大切だと思っていて、自分さえ良ければそれでいいのでわざわざ他人のマインドを変えようとする行動は恐れ多くて出来ません。

 

こちらの指令性ってリーダーになる人が持っていたほうがいい才能な気がします。強いリーダーシップは現場をうまく回していく上で大切ですからね。僕自身そういった気持ちはそんなになのでこの才能にはあまりしっくり来なかったです。

 

目標志向

「私はどこに向かっているのか?」とあなたは自問します。毎日、この質問を繰り返します。目標志向という資質のために、あなたは明確な行き先を必要とします。行き先がないと、あなたの生活や仕事はたちまち苛立たしいものになる可能性があります。ですから毎年、毎月、さらに毎週でさえ、あなたは目標を設定します。この目標はあなたの羅針盤となり、優先順位を決定したり、行き先に向かうコースに戻るために必要な修正をする上で、あなたを助けてくれます。あなたの目標志向は素晴らしい力を持っています。何故ならそれはあなたの行動をふるいにかけさせるからです。――すなわち、特定の行動が目標へ近づくために役に立つかどうかを本能的に評価し、役に立たない行動を無視します。そして最終的に、あなたの目標志向はあなたを効率的にさせるのです。当然ながらこの裏返しとして、あなたは遅れや障害や、例えそれがどんなに興味深く見えようとも本筋から外れることにいらいらするようになります。このことは、あなたを集団の一員として非常に貴重な存在にしています。他の人が脇道にそれ始めると、あなたは彼らを本筋へ連れ戻します。あなたの目標志向は、目標に向かって進むために役に立っていないものは重要ではないということを、あらゆる人に気付かせます。そしてもし重要でないなら、それは時間を割く価値がないということです。あなたは、あらゆる人を進路から外れさせません。

 

これもあるあるです。

目標って僕にとってものすごいモチベーションになるんですよね。目標があることによって努力の方向性も見えてくるし、その惹かれたレールを歩いて行くことに安心感を覚えています。

 

僕が「ミニマリズムは手段だ」ってよくいうのもその先にある幸せという目標を立てているからであり必要なものだけを残していくスタイルは最短距離でゴールたどり着くための手段であるという意識がある。

 

目標があれば自分がどう進んで言うかの目処を立てることも出来るからやっぱり必要だと思っている。例えば「休みの日に尾道行くから仕事頑張ろう」みたいなことを考えてモチベーションを上げたりしています。小さいことから大きいことまで目標を立て達成していく過程が大好きです。

 

ストレングス・ファインダーをやってみた感想

 

この診断をする前は結構疑っていたところがあった。占いの一種みたいなモノだと思っていたので、どうしても信頼ができなかったです。

 

しかし実際に診断をしてみて何か腑に落ちた感じがした。4つ目の指令性以外は殆どが僕の特徴にあっていたように感じた。驚きというよりかは「やっぱそうだったんだな」ってなりました。

 

多くの記事でストレングス・ファインダーの結果とかみていて、自分だったらこれと考えていたものが今回見事に的中しました。

 

しかしこの診断によって自身を持って強みを伸ばすことができると思うとなんか安心だ。心理学からの観点が満載なこちらの検査は本当に信頼性があります。

 

しかも自分の思い当たる節が出てきたのでこれは僕の強みでこれからも大切にして育てていきたいなと思います。

 

 

 

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

 

 

ZOZOTOWNのツケ払いシステムに賛否両論あるが要は使う人次第ということ

トレンド

どうもたんたんです。

 

皆さんはネット通販を使用しますか??僕は島根という田舎に住んでいるということもあって都会に打っているものとかを購入したいときは積極的に利用しています。

 

大体はAmazon楽天を利用するのですけど服を買う際はよくZOZOTOWNを利用して都市部にあるセレクトショップのアイテムを買ったりします。

 

そのZOZOTOWNにつけ払いのシステムが導入されたことをご存知ですか??

 

 

つけ払いのシステムとは??

f:id:fukai19930806347:20170410111242p:plain

つけ払いってどういったイメージがありますか??

僕の勝手なイメージではいつも行っている飲み屋で給料日前のサラリーマンが「今度につけといて」っていうイメージが強いです。

簡単に言うと借金をするということです。

 

今回ZOZOTOWNが発表したツケ払いに関しては

商品を受け取った後に請求書から銀行やコンビニで決済できるシステムです。

要は後払いのシステムです。

 

リアルでのつけ払いと違ってネットでの話だから言い逃れが出来ないという点があります。飲み屋のおっちゃんにつけたときは別にいつ返してもいいですし、案外友情価格で割引をしたりタダになってしまうこともあります。

 

こういった意味では商品を提供する側は非常に安心して料金を回収できるシステムになっていると思い思います。

 

 

つけ払いのメリット、デメリットは??

ここではつけ払いのメリット、デメリットを説明しどういった人が利用するべきかということを考えていきたいです。

 

メリット

支払いを後回しにできるからほしい時にすぐに手に入れられる

つけ払いの一番のメリットはこの点に尽きると思います。給料日前のお金がないときに期間限定の服が発売されたとしたときにこのつけ払いがあることによって購入に踏み切れるということもあります。

 

ほしい時にすぐに手に入るという安心感は半端じゃありません。もちろん後払いということは借金をすることにもなりますが、お金がないのにものを買うってそういうことだと思いますし別に付け払いをしたところで返すめどがあるならどんどん利用していいような気がします。

 

実際に金欠になっている人からすると非常に助かるシステムのような気がします。

恋人へのプレゼントやお祝いをしたい時に金欠だったらすごく悲しい気持ちになります。しかしこういったサービスのお陰でほしい時に気にせず買うことができる観光が整うのはいいことのような気がします。

 

デメリット

 お金の管理が下手くそな人はドツボにはまっていく

後払いをすることは借金をするということの自覚を持っておく必要があると思います。つけ払いをしたところで支払いをする事実には変わりがないのでその時にしっかりお金を用意できる目処が立っていない人が利用すると料金滞納になってしまい裁判沙汰になってしまうこともあります。

 

実際に支払いができないから他の金融機関から借金をして多重債務に陥ってしまう人が出てくるのは安易に想像できます。

 

あとZOZOTOWNを利用する人って比較的若い世代が多いと思うのでお金の管理という面で非常に不安なことが多いと思います。

 

そういった意味では先を見通したマネープランを持っておく必要があり、それぐらいのことが出来ない人が気軽に借金をしたところでいい思いはしないような気がします。

 

クレジットカードでもそうなんですけど、自分の使ったお金の把握は常日頃確認することが上手に付き合っていく上で大切だと思います。

 

手数料324円が追加される

 

こればかりはしょうがないですよね。実際にお金を借りるわけなんだし通常はかからないお金が発生するのは安易に想像できます。

 

324円って新作のハーゲンダッツが1個買える値段だから馬鹿にできませんよね。特に現在お金がないからこそつけ払いをしているのにそのお金ない人が多く支払うシステムになっているのでそれが嫌な人はお金がある時に買いましょう。

 

結局使う人次第

 

f:id:fukai19930806347:20170410114229p:plain

つけ払いってとても便利なシステムですが毎回毎回利用するものではないと感じます。毎回利用するということは金欠なことが多いということなのでお金の管理について見直す必要があると思います。

 

基本的に収入より多い額の支出をすること自体しないほうがいいことなので、本当必要なときほど利用するのが賢い使い方ではないでしょうか??

 

お金の管理や使い方の知識ってなかなか勉強できないところがあってお金に縛られすぎた生き方をする人が多いと思います。つけ払いに関しても正しく理解して使うということはとても大切なことだと思うし自分で勉強していく必要があると思ってます。

 

 

【お金に関する記事はこちら】

 

ミニマリストの僕が実践した無駄遣いを減らした3つの方法 - ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

 

ミニマリストになってお金が大好きになった話 - ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

 

【マネーセミナーの受講に関してはこちら】

大人気!女性向けマネーセミナー

 

 

電話対応が苦手なゆとりなので文章でやり取りがしたい

自己主張

 

反響があった電話についてのエントリーを読んで僕は非常に共感したのでこちらの記事を書きます。

不在着信だけ残すのといきなり電話してくるのは相手の時間と行動を拘束する行為だからやめてくれ

 

こちらの記事では電話の生産性の悪さと人の時間を理不尽に拘束する点について書かれていましたけ。電話対応が苦手なゆとりの僕からしたら「よくぞ言ってくれた!!」っていう気持ちになります。

 

ゆとり世代を叩く材料によく電話対応について言及されますけど、確かに上の世代と比べて電話対応が下手くそな若者は多いと思いますし、それによって損をしてしまうことも確かにあると思います。

 

でも実際に話すよりも記録に残る文章でやり取りをしたほうが確実性もあるしメールやLINEというツールが出てきたのでどんどんこれらのツールを使用して人間関係や仕事の効率化を図っていってもいいような気がします。

 

今回は電話対応が苦手な僕の思うことを書いていきたいと思います。

 

電話は声を聞いてコミュニケーションを取ることによって安心感が得られる効果はある。

f:id:fukai19930806347:20170410115810p:plain

 

実際に話すことによって相手を信用しようと思える気持ちは確かにあると思う。

文章でやり取りすれば確実で効率的であるが初めて関わる相手と文章でやり取りしていろいろなことを決めていくことはやっぱり抵抗があります。

 

そういう時に電話を使えば相手との距離を一気に縮める効果はあるとは思う。

しかしもうすでに信頼した相手に対して何度も電話でやり取りするのはやっぱりどうかと思う。わざわざ声を聞かなくても信頼しているわけだし文章でやり取りをしたほうがなんぼもいいです。

 

電話は相手の行動を縛ることにもつながるのでじっくり伝えたい内容を考えられるメールとかでのやり取りが間違いは少ない。やっぱり人間苦手なことだとわかった上で失敗をするという馬鹿なことはしたくないです。

 

若い人はほとんどの連絡手段を電話以外の方法で取っているので、メールやLINEでコミュニケーションを取ったほうが慣れているのでいいのではないかと思います。

 

 

理想は信頼感が築かれるまで電話or直接会う。その後はメールやLINEに連絡手段を変更する。

f:id:fukai19930806347:20170410115840p:plain

 

よく渡される名刺で電話番号だけでなくメールアドレスが書いてあるものもある。実際に電話をすると繋がらなくなったりして要件をすぐ伝えられないことが出てきます。

 

メールなどを使えばそういったことはない。電話した際のメモだって必要ない。文章を打つだけだから電話をしてメモしてそれをまとめる作業が省略できるのは本当に大きいです。

 

時代が進歩して通信手段が発達してきたのならそれを上手に使わない手段はないようなきがします。

 

電話は得意な人同士がすればいいと思う

 

f:id:fukai19930806347:20170410115935p:plain

電話対応力絶対求められるみたいになりますけど、僕みたいにコミュニケーションは得意でも電話になるとからっきしな人は多いようなきがする。

 

電話になると極端に緊張してしまう。面合わせれば話せるのに電話だとそれが出来ない。僕にとって電話を起用にこなす能力はない。

 

せいぜい友人との会話や彼女とのおやすみ電話をするぐらいが僕にはちょうどいい。

 

苦手なことを得意にするのって大きな労力と時間が必要で非常に効率が悪い。だったら電話が得意な人を集めて電話対応させたほうが企業は損失を防げるし平和になると思う。

 

結局時代に追いついていないだけ

 

最近高生産性にシフトしている世の中で電話や直接あって大切な話をすることのデメリットって多いです。

 

もちろん機密情報とかの漏洩には注意しないといけません。なかなかパソコンやスマホを使い慣れてない人(高齢者)が大きな割合を占めるこの社会では大人数に合わせてしまいなかなか時代に取り残されているかもしれません。

 

まぁ時代に乗るとか乗らないとかどうでもいいところはあるかもしれませんが、楽しくない情報の交換だけの電話は本当にやりたくないですし文章でいいじゃんって思ってしまいます。

 

今こうしてブログを書いていて文章に慣れていることもあるのですが、文章の有能さは素晴らしいです。文章を受けた人は電話を受けた人より明らかに早い時間で情報を得ることが出来ますし、それをコピーすれば簡単に共有できます。

 

別に電話をディスってるわけではないですけど、電話じゃなくても便利で確実なツールが時代の進歩によってどんどん生まれてきているのでそれらを使わない手はなく、どんどん仕事を効率化させましょう。

 

休みの社員に会社から電話をする馬鹿な真似は良しましょう。

 

さいごに

 

これから質の高い文章を書ける人は重宝されると思う。人間の口で説明するより分かりやすいのでこういったブログ活動も結構将来的に旨味のあるスキルになってくるのではないかと微かに期待している。

 

今のところでも広告収入も入ってきてるし、案外僕が今書いているこの文書は価値が出てくるかもしれない。僕は電話が苦手だからこそ文章のほうでやり取りしたほうがなんかいいようなきがする。

 

結局こんなこと書いたけど要は自分の得意な分野で勝負しようって言うことだ(この記事書いた意味ww)

 

これにて終わります。閲覧ありがとうございました。

 

 

 

僕は直接思ったことを言われるより陰口を言われたほうがいいと思うわけ

自己主張

どうもたんたんです。

皆さん陰口ってどう思いますか??

「自分のいないところでコソコソ悪口を言うなんて最低」とか「正々堂々直接言えよ!」と思っている方が僕の周りには多いです。

 

そんな方々に言いたいです。

実際、直接言われる方が堪えるくね??

 

不満を直接本人にぶつけてくる人が苦手

f:id:fukai19930806347:20170408230138p:plain

僕は基本的に思ったことがすぐ言葉に出して相手を攻撃しようとする人間が苦手です。そんな自ら人間関係を最悪な方法でぶち壊してくるのはどうかと思います。

 

実際に言った側はスッキリするかもしれないけど言われた側からするとイライラしたり悲しんだりするわけでいくらよく思わない相手だろうがそういった相手の立場になるという視点は忘れてはいけないと思います。

 

大きな不満を抱えている相手なら自ら距離を置いて関わらないように持っていくのが大人の嗜みだと思っています。

 

別に赤の他人にその不満を話したって僕は構いません。人間どうしても合う合わないがあるだろうしすべての人と良い関係を築こうと奮闘すること自体体力の無駄だと思っています。逆にそんな不満がありながら自分と笑顔で関わってくれていたことに申し訳無さを感じてしまいます。

 

本人に向けて不満を言わないことって相手に対するリスペクトの現れだと感じます。

 

自分の前で悪口を言わなければそれでオッケー

f:id:fukai19930806347:20170408230239p:plain

僕は別に直接危害を与えてこなければ別にそれでいいと思います。でも思ったことを言えないってなかなかストレスになってしまうのでそれを吐き出す場所が別にあってもいいのではないかと思います。

 

それが陰口であると僕は思っています。本人に直接言ったら傷つけてしまうという思いや人間関係をこじらせたくないという思いをため続けていくと精神的に良くないから陰口ぐらい許してやっていいと思います。

 

それさえも許されなかったらその人の怒りの矛先はどこに行ったらいいのでしょうか??僕みたいにブログをしていたらそこで愚痴を吐き捨てて神からのお布施をいただくことができるけどそうじゃない人って報われないですよね。

 

それだったらせめて陰口言って心をすっきりさせてほしいなと思います。

 

愚痴を報告するヤツが一番悪質

f:id:fukai19930806347:20170408230343p:plain

僕は陰口を言ってる人間よりも「◯◯さんがたんたんのこと言ってたよ」みたいに報告するやつが一番悪いのではないかと思う。

 

いつも思うが何でそんな誰も望んでないことをする!!

 

そういう報告をするやつがいるからこそ陰口を言ってる人間が悪いみたいになってしまうではないか?そして「気をつけたほうがいいよ〜」なんて言ってきたりする。

 

このパターンは陰口を言われる人という人の間に陰口を聞いた第三者が二人の間を取り持つかのようにおせっかいをしているパターンだ。

 

こういう人は本当にたちが悪い。まず陰口を言う人の言葉をすぐ他人に流してしまう口の軽さと愚痴の先にいる人に間接的なダメージを与えてくるのだ。

しかもこの人種はそれをいいことだと思っていっているわけだ。

 

別に陰口を言われていることに関してはいいんだ。僕の耳に入らなければ知ることもないし、こういう話は知らなければ幸せみたいなところがある。

 

しかし第三者を通し知ってしまったら直接言われたかのようなダメージを受けてしまう。陰口をきいた人はその矛先の相手に伝わらないようにしなければならないと思う。

 

誰にも1回はあることだと思うので注意しよう

f:id:fukai19930806347:20170408230438p:plain

愚痴の密告者となって相手を傷つけたことのある人は結構いるのではないかと思う。僕自身も以前までは広い交友関係が会ったことから密告者になって多くの人を傷つけた経緯がある。

 

そのときは相手の立場になる視点が足りなかったのだと思う。余計なことをして人間関係を壊すことなんてしたくないですし注意する必要があると思う。

 

もし誰かから愚痴を聞いたとしてもそれをむやみやたらに他に流すことはオススメしない。陰口なんて密告者さえいなければ屁でも何でもない。陰口を言った人も陰口が飛躍していくことなんて望んでいない。

この密告者の存在は両者にとって悪質な存在になってしまう。

 

だからこそ陰口を言われたときは心の奥に貯めるか親鸞のおける人間に話してスッキリするのが良さそうだ。間違っても本人に言わないようにしたい。

 

さいごに・・・

陰口に対して良い印象を持っていない人が多い感じだったのでこの記事を書いてみました。実際に陰口を言われずに直接言われたらダメージがでかすぎて数日寝込んでしまうヘタレなので僕みたいな人間からするとの知らないところで陰口を言ってくれていたほうがいいんですよね

 

陰口も知らなければいいので実際に陰口を聞いた人にかかってくるわけです。それをすぐ本人に言ってしまう人って信用にかけてしまいますし、そのネタを使ってマウンティングをかけてこようとする人間もいるわけです。

 

「思ったことを直接言えよ!」って言ってる人は単に喧嘩がしたいだけだし、この時点で人間関係が崩壊しているようなものです。でも仕事などでどうしても切れない関係にある人に対してこのような態度で勝負を仕掛けても不毛な結果になるのは目に見えています。

 

僕は合理的じゃないことが結構嫌いな部分もある。そういった意味で陰口ってお互いのためになる良いコミュニケーションツールではないかと思うところがある。

 

【男性ファッション】今年トレンドのガチャベルトは差し色の役割を果たすアイテムだが靴下で良くない??

ファッション

どうもたんたんです。

やっと春がやってきましたね。僕のいる島根でも桜が咲いてきて賑わってきました。

 

春といえばいろいろなことがスタートする季節で入学式や入社式や部署異動によって憂鬱な気持ちになっている方もおられると思います。僕自身も部署異動によって環境が変わり戸惑いまくっている今日この頃です。

 

【社畜】部署異動をすることは転職をするより悪質でどうしようもないことを再認識した - ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

 

というのはさておき春が来たということは今年のファッションにおけるトレンドもだんだん頭を現してきており街を歩けばトレンドの服装をしている人を見るようになりました。

 

そのなかで今回はガチャベルトについて思ったことを書いていきたいと思います。

 

ガチャベルトとは?

f:id:fukai19930806347:20170407153058j:image

 

なんかしまむらとかで売っているベルト付きズボンにこういったベルトがついていますよね?

 

まさにこれです!!

僕自身もこのガチャベルトは中学生の時しまむらで買ったズボンに付いていて愛用していました。まさか10年の時を経てこのベルトがトレンドとして舞い戻ってくるなんて思ってもいませんでした!

 

ベルトにトレンドが来ること自体が珍しいですし、ベルトって基本上着に隠れてしまうものだしどちらかというと隠れたオシャレといったモノです。

 

しかもガチャベルトってしまむらのベルト付きズボンのオマケという感覚なのでやっぱりトレンドって言われてもしっくりこないですね。

 

ガチャベルトを使ったコーディネート

 

こんなわけのわからないベルトをどう使いこなすか知りたかったので調べて見たらコーディネートが載っていました

 

f:id:fukai19930806347:20170407154338j:image

 

僕は何故ベルトがトレンドアイテムになっているかわからなかったですけど、画像をみたら納得しました。

 

ベルトをあえて下に垂らすことによって靴下やマフラーみたいな差し色としての役割を果たしてくれています。

 

実際にこちらのコーディネートにガチャベルトがなくても十分にオシャレになるのですけど、差し色としてベルトを垂らすことによって視覚的に飽きない効果があると思います。

 

差し色って黒系統の色が多くて全体的に印象が暗く見えてしまう時に有効な技で、明るめのガチャベルトを垂らすことによってコーディネートを纏めてくれます。

 

 

でも差し色という役割なら靴下でいい説

 

f:id:fukai19930806347:20170407233905p:plain

と言っても僕にはこちらのガチャベルトが靴下よりも効果的なアイテムのようには写りません。理由としては春先って丈が短めなパンツを履く人が増えるので自然に靴下を差し色として使う人と、ジョガーパンツとかみたいに紐を結ぶパンツはベルトを必要としないからです。

 

僕自身も紐付きのパンツをけっこうもっていてベルト自体そこまで使う人間じゃないところもあります。ベルトをつけることが面倒くさいと思う人間も多少はいるとは思います。

 

おしゃれって細かいことにも気を使えている人間に与えられる称号なのですけど、別に見えないところに関しては僕は結構機能性を重視したモノを身に着けていればいいと思っています。ベルトなんてわざわざ見せなくてもいいものではありますし、差し色をしたいなら靴下でいいのではないでしょうか??

 

靴下なら何足も持つことができいろいろな模様や色を楽しむことが出来ます。その日の気分によって靴下を選べる点ではガチャベルトより汎用性が高いのではないかと思います。しかも値段もお手頃ですからね。

 

ただトレンドを楽しむことも大切

f:id:fukai19930806347:20170407234328p:plain

せっかく服を着るなら流行りの格好をしてみたいと思うのは僕だけでしょうか??ミニマリストで大した多い種類の服を持っているわけではないのですけど、ワンポイントでトレンドを取り入れるなどしてファッションを楽しむこともいいのではないでしょうか?

 

たった一つ今回紹介したガチャベルトを取り入れるだけでワクワクした気持ちにもなるので僕は結構少ないアイテムで変化を入れてファッションを楽しんでいます。

 

ガチャベルトだってワンポイントアイテムだから気軽に取り入れることが出来ます。別にガチャベルトも1000円〜2000円ほどのアイテムで飽きたらすぐ捨てることもできるアイテムなので今その時を楽しみたいならトレンドに乗ってしまいましょう!

 

さいごに・・・

どうでしたでしょう??

なんかガチャベルトの素晴らしさを語ろうとしたけど結局靴下で良くない??っていう結論になってしまいました。

 

ベルトって何本も何本も靴下みたいに数を買うようなものでも無いと思っていて、自分にあう本当にいいものを身に着けるべきだと思っています。

 

あと最近はベルト自体を必要としないラフなズボンも増えてきているので無理にトレンドに乗っていく必要なんて無いと思います 。

 

一番ファッションにおいて大切だと思っているのが自分のスタイルを作り出すということだと思っています。トレンドのものでも自分のスタイルに合わないものは購入すべきではないです。

 

僕もトレンドには結構手を出しますけど自分の持っているスタイルに照らし合わせたりして結構考えて購入したりします。なによりファッションは自分を表現するツールなので自分にあった服を選んでいってほしいと思います。